iPhone・Appleのデジモノブログ『やっぱ、Appleでしょ。』

『やっぱ、Appleでしょ。』はiPhone大好き男子による製品情報ブログです。時には好きなゲームや休日をお伝えすることも。

*

iPhone本体が熱くなる原因と対処方法!

      2017/12/02


iPhoneを使っていると、本体が熱くなることがあります。

冬はあまり熱さを感じないかもしれませんが、夏場は本体を持てないぐらい熱い場合があります。

ではなぜ、iPhoneが熱を持つのでしょうか・・?

今回は、iPhoneが熱くなる原因と対処方法をまとめてみたのでご覧ください。

Sponsored Link

iPhoneが熱を持つ原因

まず、iPhoneが熱を持つ原因を探っていきましょう。

その1. 熱い場所に置いている(直射日光など)

iPhoneを熱い場所に置いてしまうと、本体が熱くなってしまいます。当たり前のことですが・・。

特に夏場の車の中(ダッシュボード等)なんて最悪の環境です。
ただでさえ暑い車内に直射日光が当たれば端末が持てないぐらい熱くなります。

iPhoneの車内放置は注意したいところですが、直射日光には気をつけたいですね。

その2. ゲームアプリをし続ける

ゲームアプリや動画再生などCPUを多く動かすと、iPhone本体が熱くなります。

多少なら大丈夫かもしれませんが、長時間となるとホカホカ状態になってしまいます。

その3. 充電しながら動作

iPhoneを充電すると、バッテリーの電圧などの関係上、熱を持ちます。

なので充電中にiPhoneを動作させると、さらに多くの熱を持つことになります。

「充電で発生する熱+アプリ動作(CPU)による熱」

上記のようにゲームアプリをしながら充電・・というのは倍の熱を発することになりますね。

その4. iPhoneケースで熱がこもる

熱がこもるような分厚いiPhoneカバーを使用していると、本体端末の熱が逃げにくくなります。

熱がこもってしまうと、端末へダメージを与えてしまったり、バッテリーの劣化につながってしまうので注意が必要です。

iPhoneのことを考えると、なるべく熱がこもらないようなケースが好ましいです。

その5. 重たいアプリやファイル等を読み込んでいる

容量の大きいアプリをインストールしたり、重たいファイルをダウンロードしていると、読み込み時間が長くなるため本体が熱くなります。

一番厄介なのが、モバイルデータ通信やWiFiの速度が遅い時です。通信速度が遅くなると、ダウンロード速度も遅くなりますので処理時間も長くなります。

大切なのは、速度制限時にはダウンロードしないこと、そしてWiFiなどのモバイルネットワーク(MVNO)を利用している時は深夜帯の速度が出る時間にダウンロードを行ってください。

その6. 劣化したバッテリーを使っている

劣化しているバッテリーを使っていると、熱が発生しやすくなります。

充電中やアプリの動作はもちろんのこと、とにかくどんな動作でもすぐに熱が発生してしまうので、危険な状態だと言えます。

この場合、直ちにバッテリーを交換することを推奨します。

その7. 暑い場所で充電しながらゲーム、iPhoneケースも分厚い

これがiPhoneにとって最も最悪な環境です。

暑い場所で充電、しかもゲームアプリをしながら。本体は分厚いケースで熱が逃げにくい・・。

さらに、劣化したバッテリーを使っていると、かなり危険です。

最大限まで熱を発生すると、高温注意という表示になって動作できなくなります。


iPhoneに熱を発生させないための対処法

http://www.photo-ac.com

iPhoneが熱を持つ原因が分かったところで、その対処法を紹介していきます。

涼しい場所で使用する

当たり前のことですが、熱をなるべく発生させないようにするには涼しい場所で使用しましょう。

できればクーラーの前で使ったり、日の当たらない場所で使いましょう。

ちなみに「冷蔵庫で冷やす」ということがネットに書かれていますが、故障の原因になるので大変危険です。気をつけてくださいね。

マルチタスクからアプリを削除する

バックグラウンドにて起動(動作)しているアプリは削除してください。

これはCPUの動作を少しでも軽減させるために行います。

アプリを終了させるには、ホームボタンを2回連続でタップして、上へスライドさせます。

再起動する

熱がたまった場合は、一旦再起動してみてください。

ホームボタンを長押ししてスライドで電源オフにします。

数分時間を置いてから、再起動させてください。

使用していない機能をオフにする

少しでも動作を減らすために、使用していない機能はオフにします。

例えばWi-FiやBluetooth、iCloudなど、自分が使っていない機能はなるべくオフにしてください。

これで少なからず軽減されるはずです。

iPhoneカバーを変える

熱がこもるような分厚いカバーを使っている場合、見直したほうがいいかもしれません。

革のケースや手帳ケースは熱がこもりやすいです。

熱のことを考えると、熱伝導率の高いアルミ製のケースや厚みのないケースがベストです。

ただし、iPhoneケースは好みがあるので仕方がない部分はありますね^^

バッテリーを替える

バッテリーが劣化していると感じたら、直ちにバッテリーを買い替えましょう。

バッテリー交換は、公式で行う方法と、修理専門店で行う方法、自分で交換する方法の3つがあります。

費用はアップル公式で9.800円(AppleCare加入で無償/条件あり)、iPhone修理専門店で約4,000円、自分で交換する場合は2,300円ぐらいです。

まとめ

iPhone本体が熱くなる原因と対処法については以上になります。

上記のことを行えば、少なからずiPhoneの熱さは軽減されると思います。

最終的に解決しない場合はバッテリー交換が必要になるのですが、不安な場合はアップルサポートセンターへ問い合わせをしましょう。

関連記事
iPhoneのバッテリー交換!値段の安い交換サービスまとめ

 - iPhoneマメ知識

こんな記事も読まれています


PREV
iPhoneの画面が真っ暗でつかない、反応しない時の原因と対処方法
NEXT
【Mac】Yosemiteでiphoto/Apertureが使えない時の対処法

  関連記事

iPhoneアプリのダウンロード/インストールが遅い時の対処法

iPhoneを使っていると、たまにアプリのダウンロード/インストールが遅い時があ …

iPhoneを初期化できない場合の対処方法

iPhoneではプライバシー保護のために、指紋認証や4桁のパスコードを設定するこ …

【iPhone】SIMフリー/SIMロックを見分ける方法

ここ近年では、MVNOユーザーが増えたこともあり、SIMフリー端末やSIMロック …

iPhoneユーザーのための基本知識!iPhoneのバッテリーを節約するための設定方法【12選】

いまや生活に欠かせなくなったスマートフォン。電話はもちろんのこと、スケジュールや …

【iPhone】App Storeのアプリが英語表記に!?日本語に戻す方法

iPhoneでは言語コードの不具合(?)なのか、たまにApp Storeがすべて …

no image
iPhoneのSiriで浮気の証拠を発見する裏技

浮気を発見するには、少しでも相手の情報を探りたいところ。 そして一番個人情報が詰 …

Find iPhoneで浮気調査!GPS機能で勝手に居場所をチェック!

夫や妻の浮気を調べるには、相手の位置情報を把握していないとなかなか調査が進みませ …

自分で修理.comにクーポンはあるの?という質問について

自分で修理.comとは、iPhoneのバッテリー交換やホームボタン、画面割れなど …

iPhone・スマホがWi-Fiの無線LANに繋がらない!設定や対処法まとめ

今やiPhoneなどのスマートフォンは、仕事やプライベートなど絶対に手放すことの …

iPhoneのアラームを無音(サイレント)にしてバイブのみにする方法

アラームというのは音を鳴らしてお知らせするというのが基本なのですが、場合によって …