iPhone・Appleのデジモノブログ『やっぱ、Appleでしょ。』

『やっぱ、Appleでしょ。』はiPhone大好き男子による製品情報ブログです。時には好きなゲームや休日をお伝えすることも。

*

AppleCare+の無償バッテリー交換の適用条件が改定

      2017/12/02


MacRumorsは現地時間26日、製品保証サービスでお馴染みのAppleCare+の無償バッテリー交換の規定が改定されたことを伝えました。

どのような内容が変わったのでしょうか?

Sponsored Link

AppleCare+とは、製品毎の製品保証のことで、加入すると損傷による本体交換(7800円)を行うことができたり、無償バッテリー交換、電話対応サポート等も可能になる。

保証が可能なのは、iPhone、iPad、iPod、アップルウォッチの全モデルが加入可能です。

今回は、タイトルにあるように「バッテリー交換」に関する規定が変更されました。

 

これまでの規定では、バッテリー性能(容量)の50%を下回った場合に無償交換が可能でした。

しかし今回の変更では、「80%を下回った時点でバッテリー交換が可能」となったのです。

ちなみにAppleCare+の保証期間は2年間となっていますが(Apple Watch Editionは3年間)アップル側はこう述べました。

基本的な使い方をすれば保証期間内にバッテリー交換が必要になることはならない

バッテリーが本来の性能の80%を下回る・・・つまり1000回の完全充電が必要となり、1日1回ペースで受電しても2年半〜3年はかかる計算になる。

大多数のユーザーはバッテリー性能の80%を下回る前にAppleCare+の保証期間を終えることになりますね。
アップル側としてはそういう理屈のようです。

ただし今回の変更、2015年4月10日以降に購入されたiPhone、iPad、iPod、Apple Watchの全モデルのみとなります。

なので今回の規定の改定処置は、既存ユーザーよりも、新規ユーザー向けのための変更になると見られます。

参照元:MacRumors

 - Apple情報

こんな記事も読まれています


PREV
Applecare+ for iPhoneの契約状況を確認する方法
NEXT
iOS8.4でもWi-Fiが繋がらない不具合か?対処法まとめ

  関連記事

【Apple】ストリーミング音楽配信サービスの月額料金はいくらになる?

アップルが発表する新しいサービスである「ストリーミング音楽配信」ですが、WWDC …

Applecare+ for iPhoneの契約状況を確認する方法

「思わず手が滑ってiPhoneを落としてしまった・・」 「画面が割れてしまった・ …

Appleがエアキーボードの特許を申請した!

実はここ最近、Appleがある特許を申請したことが話題になっている。 それは何も …

iPhoneの脱獄端末22万5000アカウントがマルウェアに感染した模様

セキュリティ会社の調査によると、世界18カ国の22万5,000件以上のアップルア …

【iPhone】iOS8.2の不具合は大丈夫か?

iOS8.2のアップデートがリリースされましたが、今回は不具合等は大丈夫なのだろ …

iOS10からストリートビュー搭載へ?Googleマップを上回れるか

最新バージョンとして期待されている「iOS10」では、iPhone標準のマップア …

Appleが教育機関(中学・高校)向けにiPadの新サービスを導入

iPadを導入している教育機関(中学・高校)には朗報です。 Appleは以前から …

no image
もう修理した?MacBook Pro15~17インチに不具合!

Appleもついに一部製品の不具合を認めた。 これまで多くの苦情があったみたいで …

新OS X「El Capitan」の新機能はこれ!

日本時間6月9日に行われたWWDCでは、最新バージョンのOS X「El Capi …

米Appleで働いている役員報酬(年収)に驚きました

IT界の最先端をいくApple、iPhoneをはじめ洗練された技術やデザインはい …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA