Sponsored Link

Appleもついに一部製品の不具合を認めた。

これまで多くの苦情があったみたいですが、ようやく公式に認めたという。

Sponsored Link

公式で認めた不具合は、2011年2月から2013年12月の間に販売されたMacBook Proに、非常に低い割合ではあるが、GPU(グラフィックスプロセッサ)に関わるグラフィックの不具合を有する機が含まれていた、と公式に認めています。

今回該当するMacBook Proモデルはこちらです。

・MacBook Pro15インチ(2011年初旬発売)

・MacBook Pro15インチ(2011年下旬発売)

・MacBook Pro Retina 15インチ(2012年中旬発売)

・MacBook Pro 17インチ(2011年初旬発売)

・MacBook Pro 17インチ(2011年下旬発売)

・MacBook Pro Retina 15インチ(2013年初旬発売)

ご自身のMacBook Proの機種を調べるにはこちらからご覧下さい。

ご自身のシリアルナンバーを調べるには、画面左上の「MacBook Proメニュー」→「このMacについて」→「シリアル番号」で分かります。


上記製品情報に該当するMacBook Proは無料で修理することができます。
ちなみにアメリカやカナダでは2015年2月20日より、その他の国では2月27日より無料修理サービスが開始されます。

つまり日本では2月27日からアップル側で無料で修理を受けるというわけですね。

該当する方は速やかにAppleへ申し出てくださいね。

【注意】

修理期間中の代替え機の貸し出しは行っていません。なので修理中はMacBook Proを使用することができないというわけです。

また、無償修理はいつ終わるのかわかりません。現在は行われていますので、速やかに修理に出されることをオススメします。