Sponsored Link
iOS14でSafariやメールのデフォルトアプリに戻る不具合か

日本時間17日にリリースされたiOS14ですが、早くも致命的な不具合が見つかっています。

内容としては、ウェブ閲覧やメールに使用するデフォルトアプリを変更した際に、変更したはずなのに元に戻ってしまう不具合です。

Sponsored Link

iOS14では、ホーム画面のカスタマイズ性が大幅に改良されており、ウィジェットが配置可能になったり、ウェブ閲覧やメールのデフォルトアプリを変更できるなど、好きなようにカスタマイズすることが可能となりました。

しかしながら不具合も多く、特にサードパーティ製アプリの開発者はiOS14の対応に追われているのが現状です。

【iOS14】Safariやメールのデフォルトアプリを変更するとバグが発生

Twitter上で報告された不具合によると、デフォルトのブラウザやメールアプリを変更しても、端末を再起動することで、元々設定されていたSafariやメールに戻ってしまうみたいです。

例えば、ブラウザをChromeに設定すると、アプリやブラウザ内のリンクをタップすることでChromeで閲覧できるようになります。設定直後は正常に動くようですが、端末を再起動すると、元々設定されていたデフォルトのブラウザがSafariに戻ってしまうのだという。

この不具合を改善させることはできず、iOS14の修正版を待つしかありません。

デフォルトブラウザにどうしてもChromeを使用したい方は、再起動をせずに使い続けるしかなさそうです。

iOS14、細かな不具合も少しずつ明らかになりつつありますが、リリースされて間もないためアップデートは慎重に行うようにしましょう。