Sponsored Link
【Mac】Safariで一旦閉じたページ(タブ)を復元する方法

Safariを使っていると、見たいページを間違って閉じてしまうことがあると思います。

私自身もタブをたくさん出して作業している際に、誤って閉じてしまうことが多々ありますね。

今回は、そんな閉じてしまったタブを再度開く方法を紹介します。

Sponsored Link

【Safari】閉じたタブを復元する方法

閉じてしまったタブを再度開くには、Safariのメニューにある「編集」から「取り消す」をクリックします。

これで閉じてしまったページを開くことができるのですが、
command」キー+「Z」を押せば、上記同様の操作ができます。

タブの復元方法は以上です。


閉じてしまったウインドウを復元する方法

上記ではタブを復元する方法でしたが、次は閉じてしまったウインドウを復元する方法を説明します。

Safariのメニューにある「履歴」から「最後に閉じたウインドウを開く」をクリックします。

これでウインドウが再度開きます。

ちなみにウインドウに複数のタブがあったとしても、すべてのタブがそのまま復元されます。

間違ってウインドウを閉じてしまっても、この操作をすることで元に戻るというわけです。

まとめ

これはSafariに限ったことではありませんが、ブラウザを使っていると、誤ってタブを閉じてしまうことがあります。

そんなときに、今回の操作は重宝します。

簡単な操作だと「command」+「Z」を覚えておくだけで大変便利です。

Safariユーザーは是非参考にしてください。

関連記事>>>MacのSafariブラウザなどでウイルス警告画面が表示された時の対処法