Sponsored Link
MacのSafariブラウザなどでウイルス警告画面が表示された時の対処法

MacのSafariブラウザなどを使っていると、突然「ウイルスが検出されました」というような表示が出てきます。

いきなり出てくるのでびっくりしますが、完全に偽物なので落ち着いて対処することが重要です。

Sponsored Link

「ウイルスが検出」の表示は嘘

とあるwebサイトへ訪問した際に出てくる警告表示、一度は見たことがあるんじゃないかと思います。

ポップアップ表示で「OK」ボタンが表示されているので、押さざるをえない状況に・・。

表示には、「あなたが前回訪問したウェブサイトがあなたのdeviceをウイルス感染させました。修復プロセスを開始するにはOKを押してください

と書いてあります。

この時点で怪しいですし嘘なんですが、OKを押すと・・

このようにウイルスソフトをダウンロードさせるために「ダウンロードが必要です」というページが出てきます。

ちなみにこのページ、OKボタンを押さなくても出てくることがあります)

「今すぐウイルスを削除」というボタンがありますが、絶対にクリックしないようにしましょう。

クリックしてしまうと、ウイルス削除サイトへ飛ぶかフィッシング系サイトへ飛ばされてしまうので注意してください。

ウイルス警告画面が表示されても気にしない

「ウイルスに感染している」といった表示は完全に偽物です。

ウイルスのかかってないパソコンでも「ウイルスに感染しています」と表示されますし、変なツールや悪質なフィッシングサイトへの誘導なので気にしないようにしましょう。

この手の手法は、情報弱者を狙った極めて悪質なものなので絶対にクリックしたり先へ進んたりしてはいけません。

最近の手法は手が込んでいて、ツールやフィッシングサイトだけじゃなく、悪質なアプリをダウンロードさせる手法へ変わっていますので、より一層注意が必要です。

Macでもセキュリティソフトは必須

「Macはウイルスに強い」「Macはウイルスに感染しない」

と誤解しているようですが、Macでもウイルスやマルウェアなどに感染することがあります。

なのでウイルス対策ソフトは必須だと考えましょう。特にビジネスで利用していたり大事なデータやファイルがある場合は必ず導入するようにしてください。

ちなみに私はマイクロトレンドのウイルスバスターを利用しています。

ウイルス対策ソフトを利用していないけど感染しているかどうかを確かめたい場合

もしもウイルス対策ソフトを利用していない場合、自分のMacの状況を確認するためにも無料体験版を活用してみましょう。

30日間無料なので、無料体験の期間中にウイルススキャンを試してみてください。

その他、ノートンマカフィーなどの有名なソフトがありますので、使いやすいものをお試しで利用するのもいいかもしれませんね。

ノートン30日間無料体験版はこちら

マカフィー体験版はこちら

無料期間終了後は、メルマガにて登録したメールアドレス宛にセールスメールが届きます。


まとめ

もしも「ウイルス感染しています」などの警告表示が出てきた場合、偽物ですので無視してページを閉じてください。

そして警告ページにある「クリックはこちら」「ウイルスを消去する」などのボタンを押すのは大変危険ですのでクリックしないようにしてください。

もちろんSafariブラウザ以外にも、Google ChromeやFire Foxでも同じようなことがありますので注意してください。

このような事態から自分のPCを守るには、やはりセキュリティソフトは必須だと思います。

皆さんも気をつけましょうね。