Sponsored Link
iPhoneの絵文字の肌の色を変える方法-対応絵文字一覧表

最近は、LINEなどのメッセージアプリが人気なのであまり絵文字に馴染みのない方もいるでしょう。

だけど、iPhoneの「メッセージ」アプリで連絡をやり取りする方は多く、私も使っています。

メッセージアプリやメールアプリでは、iPhoneに搭載されている絵文字を使うのですが、iOSアップデートによって絵文字のパターンも増えてきました。

今回の記事では、iOS8.3から搭載された「絵文字の肌の色を変更する方法や変更できる対応絵文字」などを紹介していきます。

Sponsored Link

iOS8.3のアップデートでは、絵文字が追加された他に絵文字の肌の色を変えることが可能となりました。

まず、絵文字を入力する方法を見ていきましょう。

iPhoneの絵文字を入力する方法

まず、メールアプリやメッセージアプリなどの入力画面に移動します。

キーボードの中の左上にあるアイコンをロングタップします。

すると「日本語かな」「英語入力」「日本語ローマ字入力」「絵文字」の4種類の入力方法が表示されますので「絵文字」をタップします。

(ちなみに順番にアイコンを3回タップすると、絵文字の入力画面へ移動します)

これで絵文字を入力することができます。

ちなみに絵文字入力画面から元に戻るには、左下の「あいう」をタップしてください。

絵文字の肌の色を変更する方法

絵文字の入力方法が分かったところで、次は絵文字の肌の色を変更する方法です。

やり方は簡単です。

絵文字のマークの上をロングタップ(長押し)してください。
すると、肌の色が表示されます。

肌の色は5段階に表現されて、人種ではなく日焼けの肌色みたいです。

一度変更しても、再度ロングタップするとまた変更できます。
お好みに合わせて設定してみてください。


ちなみに、肌の色を変更できる絵文字は限られています。

そこで、変更できる絵文字一覧を紹介します。

黒く塗っている部分以外は、肌の色を変更することができます。

ちなみに顔の絵文字以外にも、下記の絵文字の色も変更できます。

すべてを把握してなくてもいいのですが、自分が使う絵文字は予め変更しておくと便利でしょうね。

以上、iPhoneの絵文字の肌の色を変える方法と、その対応絵文字一覧表でした。