Sponsored Link
iPhoneアプリの購入/ダウンロード履歴を削除する方法

iPhoneでアプリを購入(ダウンロード)すると、購入履歴が残ります。

この購入履歴は、App Storeから見ることができるのですが、購入履歴から削除したいアプリもあるはずです。

やはり家族や恋人に見られたくないものもありますし、購入履歴を見られると誤解されることもありますからね。

そこで今回は、iPhoneアプリの購入履歴を消去(非表示に)する方法を紹介したいと思います。

アプリの購入履歴を削除するにはiTunesが必要

まずこの方法、必ずPCのiTunesが必要になります。

iPhone上ではできない設定ですのであらかじめご理解ください。

尚、iTunesは最新バージョン(iTunes 12.3.1)のものを利用しています。
(2015年10月30日現在)

では設定方法を説明していきます。

アプリの購入履歴を削除する方法

まず今回、購入履歴から削除するアプリはこちらです。

こちらのアプリを試しに非表示にしたいと思います。

設定方法はまず、PCからiTunesを起動させて、サインインします。

アカウントメニューから「購入した項目」をクリックしてください。

左上の「App」を選択して、非表示にしたいアプリのアイコンの左上あたりをクリックします。

「この購入済みアイテムを非表示にしますか?」というポップアップが表示されるので「非表示」をクリックしてください。

iPhoneの購入履歴を見ると、アイテムが非表示になっているはずです。

これで非表示になっていない場合は、一旦マルチタスクから「App Store」アプリを終了させて再度開いて確認してみてください。


アプリの購入履歴を表示させる方法

逆に購入済み(ダウンロード済み)履歴を表示させたい場合は、下記の設定を行います。

まずパソコンのiTunesを起動させてサインインします。

アカウントメニューから「アカウント情報」をクリックします。

「iTunes in the cloud」の「管理」をクリックします。

左上のAppを選択して、非表示済みアイテムの中から表示させたいアプリを選択します。

アイコン下の「表示する」をクリックして表示させます。

これでアプリが再び表示されます。

最後に

App Storeで購入したアプリの履歴は完全に削除することができないものの、非表示にさせることは可能です。

必要な方は上記の方法でアプリ購入履歴を削除してくださいね。