Sponsored Link
iPhoneを初期化できない場合の対処方法

iPhoneではプライバシー保護のために、指紋認証や4桁のパスコードを設定することができます。

しかしこの4桁のパスワードを忘れてしまった場合、先へ進むことはおろか、iPhoneを使うことができなくなります。

このままだとパスワードを再設定するための初期化すらできない状態です。

パスワードの再設定のために初期化したいけど初期化できない!

今回は、そんな初期化できない時の対処方法を紹介します。

Sponsored Link

iPhoneを初期化する方法はあるが操作ができない場合

iPhoneは通常、「設定」アプリから簡単に初期化することができます。

しかし、本体の4桁のパスコードを忘れてしまった場合、操作ができないので「設定」アプリまでたどり着くことができません。

パスワードを忘れると何をやっても先へ進むことはできませんので、PCを使って初期化を行うしかないのです。

PCを使って初期化する場合、2つの方法があります。

  • iTunesを使ってリカバリーモードにする
  • iCloudから遠隔で初期化させる

それでは一つずつ説明していきますね。

iTunesを通してリカバリーモードで初期化

4桁のパスコードを忘れた場合、iTunesを通してリカバリーモードで起動させます。

リカバリーモードにすることで、強制的に工場出荷前の状態にすることができます。

必要なものはこちら。

  • iPhone本体
  • iTunesがインストールされているPC(要バックアップ)
  • インターネット接続できるPC
  • Lightning USBケーブル

設定手順はこちら。

まずiPhoneの電源を切ります。

iPhoneのホームボタンを押したままLightning USBケーブルでPCに接続

iPhoneにiTunesのアイコンとケーブルが表示されるまで押しっぱなしにする

iTunesが起動して、「iTunesはリカバリモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります」と表示されるので「復元」をクリックします。

これで初期化が完了します。

もちろん初期化を行うと工場出荷前の状態になるのでiPhone上のデータはすべて消えます。

必ずiTunesを使ってバックアップ、またはiCloudへバックアップしておくことをお勧めします。


iCloudから初期化する

リカバリーモードが上手くできない場合、iCloudから初期化することができます。

また、iPhoneをどこかへ落としてしまった場合にも便利です。

必要なものはこちら。

  • インターネット接続できるPC
  • Apple ID
  • iPhoneを探すをオンが必須

ちなみにiCloudから初期化する方法は、手元に端末がなくてもできます。
(ただし、Appleアカウントは必須です)

もちろん「iPhoneを探す」がオンになっていないと使えません。気をつけて下さいね。

手順はこちら。

まず、iCloudへアクセスしてApple IDでサインインをします。

「iPhoneを探す」をクリックします。

すると、自分のiPhoneの位置情報が表示されます。

(「iPhoneを探す」をオンが必須)

「iPhoneの消去」をクリックするとiPhoneが初期化されます。

iCloudから初期化してからiPhoneを起動させます。初期設定画面が表示されると思うので、各種設定を行ってください。

最後に

パスコードを忘れないことが大切なのですが、万が一に備えてiPhoneのデータは必ずバックアップするようにしてください。

バックアップはiTunesから簡単に行うことができますよ^^

iPhoneがどうしても初期化できないという場合は、上記の方法を試してみてくださいね。