Sponsored Link
【iPhone】パスコードを忘れた時にリカバリーモードで復元する方法

今回は、iPhoneのパスコードを忘れてしまった時にリカバリーモードを利用して復元する方法を紹介します。

通常、パスコードを忘れた場合はiTunesを通して復元を行えば解決するのですが、同期したパソコンが自分の手元になかったり、iTunesで同期をしたことがない場合は、参考にしていただければと思います。

Sponsored Link

【iPhone】リカバリーモードで復元する方法

リカバリーモードとは、そもそもOSなどを復旧させるためのもので、何かエラーや自分ではどうしようもない問題が起こった時に行うモードです。

今回のように、パスコードを忘れた場合でも有効な手段として使われるわけですね。

もちろん手元に同期しているパソコンがあれば、iTunesを使って普及作業ができるのですが、今回は「手元にパソコンがない」場合や「iTunesにて同期したことがない」という場合を想定していますので、ご理解いただければと思います。

では、リカバリーモードをしてiPhoneを初期化していく手順を説明します。

まず、iPhoneの電源をオフにします。

次にパソコンへLightening USBケーブルを使って接続します。

この時、iPhoneはホームボタンを押しながらLightening USBケーブルを接続してください。りんごマークが表示されますが、そのままホームボタンから指を離さずに押しっぱなし状態にします。

すると、iTunesアイコンとLightening USBケーブルが表示されます。

そしてパソコンにこのように表示されますので、「復元」をクリックします。

すると、iTunesにてiOSのダウンロードが開始されます。
「iPhoneリカバリモード、このiPhoneのソフトウェアの復元の準備中です」
と表示されます。

そのままiPhoneへiOSのインストールが始まります。


「iPhoneを探す」をオンにしたまま初期化を行うと「iPhoneをアクティベートします」と表示されますので、Apple IDとパスワードを入力してサインインをします。

これでiPhoneの初期化が完了しますので、iPhoneのセットアップを行いましょう。

まとめ

以上が「パスコードを忘れた時にリカバリーモードで復元する方法」でした。

手元に同期したパソコンがない場合は、上記のようにリカバリモードを利用してiPhotoを復元してください。もちろんこの場合もiTunesは必須です。