Sponsored Link
iPhone6sとiPhone6のサイズを比較!機能や性能も比べてみた

2015年9月25日に発売されたiPhone6sですが、iPhone6に比べてサイズ感はどのように変化したのでしょうか?

今回の記事では、iPhone6sとiPhone6のサイズを比べてみましたのでご覧ください。

Sponsored Link

iPhone6sとiPhone6のサイズは若干違う?

画像引用:http://www.apple.com

画像はAppleからの引用ですが、今回はiPhone6sとiPhone6にフォーカスしてみたいと思います。

まずは端末のサイズ(高さ×幅×厚さ)から比べてみます。

iPhone6s iPhone6
高さ 138.3mm 138.1mm
67.1mm 67.0mm
厚さ 7.1mm 6.9mm
重さ 143g 129g

iPhone6sとiPhone6は、インチ数は据え置きで変わらないものの、高さが2mmアップ、幅が1mmアップ、厚さが2mmアップとわずかにサイズアップしているのが分かります。

重さは14gも重くなっており、体感的にも若干ながら重くなったとわかるぐらいになっています。

全体的なサイズ感はほとんど変わらないと思っていいでしょう。

ちなみにiPhone6のケースはiPhone6sでも使えるとApple公式が伝えています。しかし例外的に互換性のないケースもあるので注意が必要です。


iPhone6sとiPhone6の機能面や性能について

iPhone6s iPhone6
シルバー/スペースグレイ
ゴールド/ローズゴールド
シルバー/スペースグレイ
容量 16GB/64GB/128GB 16GB/64GB
ディスプレイ 3D Touch搭載
(感圧タッチ)
Retina HDディスプレイ
Retina HDディスプレイ
チップ A9 A8
iSightカメラ 1200万画素iSightカメラ
Live Photos
800万画素iSightカメラ
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影
(3,840×2,160、30fps)
1080pビデオ撮影
FaceTimeカメラ 500万画素 120万画素
LTE通信 最大受信速度300Mbps 最大受信速度150Mbps

iPhone6sでは、カラー(ゴールド/ローズゴールド)が追加されており、特にローズゴールドが注目されています。

全体的な性能が上がっており、3D Touchが目玉機能として追加されています。

4K動画撮影の対応やFaceTimeカメラの画素数も一気にグレードアップしていますね。

【まとめ】iPhone6sとiPhone6の違い

iPhone6sとiPhone6は、サイズ感はほとんど変わりません。インチ数も同じです。

しかし機能面においては、A9チップやカメラ画質、感圧タッチ搭載や4K動画撮影などが追加されて性能が大幅に向上しています。

iOS9系の不具合は多いですが、より魅力ある端末へと進化していることが分かります。