Sponsored Link
TONEモバイルが「持っているだけで健康になるスマホ」を提供

TONEモバイルは2月17日、医学博士の青栁幸利博士監修のもと、「持っているだけで健康になるスマホ」をTONEのサービスへ実装すると発表しました。

これによりユーザーが簡単に健康管理を行うことができ、健康への意識やモチベーションを維持することができるという。

Sponsored Link

持っているだけで健康になるスマホ

このサービスは「奇跡の研究」と言われている中之条メソッドをTONEスマホへ実装し、健康管理を促進するという健康管理サービスです。

ユーザーの年齢に対し、1日に必要な歩数や肺活量とそれに応じた自分の成果記録を把握し、日々の動きや傾向を管理することができます。

また、1日の肺活量に応じてTポイントがもらえることもメリットの一つです。

奇跡の研究、それが中之条メソッド

1日8000歩以上、早歩き1日20分を推奨する青柳博士。これを日々継続することで多くの病気に対しての予防になると話しています。

群馬県中之条町の65歳以上の高齢者5000人を対象にした研究で15年間に渡って行われた研究、これこそが「奇跡の研究」と呼ばれています。その内容は1年間の歩数、平均中強度活動時間、有病率、発症率の関連性を調べたというものです。結果は歩数と中強度活動時間が増すほど、有病率や発生率が低くなることが分かったようです。

具体的に予防できる病気は、認知症やうつ病、脳卒中、がん、動脈硬化、糖尿病、、骨粗しょう症、高血圧症などなど。これらの発病のリスクを10分の1に抑えることができるのだとか。


TONEモバイルの特徴を考えるとユーザーリビティは高い

TONEモバイルのスマホは比較的初心者向けのプランなので、健康管理機能の搭載はユーザーリビティの高いものだと言えます。

関連記事
TONE(トーンモバイル)の評判 | スマホ入門者やお子様にオススメ

ちなみにTポイントは20分の歩行や8,000歩以上歩くことで1ポイント付いてくるので、なんだかんだでモチベーションも保てそうですね。

参照元:TONE