Sponsored Link
iPad Pro10.5用Smart Keyboard(スマートキーボード)を1ヶ月間使ってみた感想

今回は、iPad Proと同時に追加された日本語配列(JIS)のSmart Keyboard(スマートキーボード)を使ってみたので私なりにレビューしていきます。

Sponsored Link

iPad Pro10.5用Smart Keyboardを開封していきます

iPad Pro同様、オンラインストアで購入しました。

説明書です。カバーはシンプルでコンパクトな作りであることが分かります。

では開封していきます。

こちらはiPadを付けてない状態ですね。

マグネットになっているので、折りたたむとパチッと閉じることができます。

Smart Connector(スマートコネクタ)搭載で、取り付けるだけでタイピングが始められます。

もちろん充電も不要です。

iPadとキーボードを接続します。強力な磁力でカチッとする感触が気持ち良いです。

ペアリング的な作業は一切必要ないので、接続した瞬間から使用できます。

キーボード部分です。表面は指でなぞると少しザラっとしていますが、全体的には心地よい質感です。耐久性も高そう。


打鍵感は心地よいものがあります。薄型キーボードなのに押し込み感があって快適です。

多少強く打ってもまったく問題ありません。

慣れないうちはタイピングミスも少しありましたが、すぐに慣れるので大丈夫かと思います。

キーボード自体は硬くてしっかりとしているので膝の上などで作業しても安定します。

また、日本語配列(JIS)なのでスペースキーの両サイドに英数(左)、かな(右)キーがあります。

日本語入力のオン/オフは、この2つのキーで簡単に変更することができます。

日本語配列(JIS)のPC及びキーボードを使っている方にとっては何も違和感なく使用できると思います。

唯一の欠点は・・

欠点を挙げるならば、iPad Proのディスプレイの傾斜角を変更できない点です。

これは仕様上仕方のないことだと思いますが、仕様する場所やシーンによってはデメリットとなるでしょう。

また、Smart Keyboardにはバックライトがありません。これも必要な方にはデメリットかもしれません。(個人的には必要ないですが・・)

関連記事>>>iPad Pro 10.5インチを開封 | iOS11で更なる進化を遂げるか

Smart KeyboardでiPad Proを快適に

iPad Proは、Smart Keyboardを使うことでより一層快適に使うことができます。

価格は17,800円と多少値は張るものの、タイピングや使い心地、スマートさは流石純正品といったところです。iPad Proをビジネス等で使いたい方は大きな恩恵を受けられると思います。

PCまでとはいきませんが、iOS11のリリースによって可能性が広がることは間違いないでしょう。

iPad Pro – Smart Keyboard