Sponsored Link
iOS9のパブリックベータ版のダウンロード方法

iOS9は開発者向けにリリースされていますが、一般ベータテストの開始により、
一般の方でもベータ版を使用することが可能となっています。

これまでは開発者限定のリリースでしたので、iPhone一般ユーザーにとっては嬉しいリリースですね。

Sponsored Link

iOS 9 Public Beta1のリリース

従来でしたら、Apple Developer Programを契約しているユーザーのみが、iOSテストに参加することができましたが、iOS9ではアップルユーザーが誰でも参加できるようになりました。

無料一般ベータテストへの参加はApple IDがあれば参加可能で、Apple Beta Software Programへ参加登録することでiOS9を使うことができます。

iOS 9 Public Beta1への参加方法

ここでは、iOS 9 Public Beta1のインストール方法をご紹介します。

1. Apple Beta Software Programへ参加登録

まず、Apple Beta Software Programへアクセスを行い、参加登録を済ませてください。

参加登録は、Appleアカウントにてログインを行います。
その後はAppleの指示に従って進めてください。

2. iOSデバイスのバックアップ

iOSデバイスへプロファイルをダウンロードする必要があるのですが、
その前にiTunesにて必ずバックアップを作成してください。

3. プロファイルのダウンロード&インストール

iTunesへのバックアップが完了したら、プロファイルをダウンロードします。

お使いのiOSのデバイスから、Safariブラウザーからbeta.apple.com/profileへアクセスして、構成プロファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードしたら、プロファイルのインストールを行い、再起動します。
この辺りは、iOSデバイスの指示に従って進めてください。

4. ソフトウェアアップデートを行う

設定アプリから、「一般」⇒「ソフトウェアアップデート」をタップし、
iOS 9 Public Beta 1へアップデートを行います。

この手順は、いつものアップデートと同じように行います。

これで、iOS9ベータ版へのアップデートが完了となります。


最後に

あくまでもこれはベータ版です。

テスト段階のiOSであり、多くの不具合が存在している可能性があるのです。

ちなみにiOS9に関する情報は機密情報ですので、Twitter等で投稿することは禁止事項ですので注意してくださいね。

 

ただそんな中、不具合報告も多数あるのが現状ですが・・。

関連記事
iOS9のベータ版で不具合か?LINEが使えないらしい

この記事は、iOS9へアップデートを推奨するような記事ではありません。
気軽に試すものではないですし、あくまでも自己責任で行ってください。