Sponsored Link
画期的なiPhoneケース「Fuffer」の次世代タッチパネルに感動

iPhone6、iPhone6 Plue発売以降、利用者が増加し今後の期待感とともにユーザーの不満も多くあるのが現実。
不満があるということは、それほどAppleに期待している証拠。

特に最新のiPhone6 Plueは、画面の大きさによって扱いずらい片手で使えないスマートフォンじゃないという声が多くあり、Apple側も痛いほど苦情が寄せられていると思う。

Sponsored Link

タッチパネルにおいて、画面の拡大は操作しやすいとされていたのですが、実際は大きすぎて不便なことが多いみたいです。

ただ、今回タッチパネル機能を生かした面白いiPhoneケースを見つけました。

「Fuffer」が画期的でかっこいい!

iPhoneケースである「Fuffer」は、iPhoneに装着するだけでその技術を発揮します。

それは、iPhoneではなく外をタッチパネルとして認識し、使うことが可能になるというSF映画に出てきそうなケースなのです。

https://www.kickstarter.com/projects/1689453063/the-fuffr-touch-case-multitouch-outside-your-smart

 

仕組みとしては、ケースの周り(上下左右)にある赤外線センサーが指の動きを感知し、Bluetooth経由でiPhoneに送信され、動きを伝えます。

したがってiPhone画面に触れることなく操作が可能になるというわけです。

https://www.kickstarter.com/projects/1689453063/the-fuffr-touch-case-multitouch-outside-your-smart

 

画面の中のフリックではなく、自由に指を動かすことができるので、新しい感覚だと思いますね。

iPhoneケースに仕込まれた赤外線技術とは、面白いアイディアですね。
まさかケースに目をつけるとは!

これまでにありそうでなかった機能なので個人的にワクワクしますし、ちょっと欲しい。(笑)


具体的にはiPhoneの周りを指でなぞることで、まるでパネルを触っているように画面と連動します。

タッチパネルでできる操作がほとんどでき、タップやスワイプなど通常と変わりません。

左右上下搭載されていますので、2〜4人などの対戦ゲームで使えるので盛り上がりそう!

ちなみにケース自体はシンプルで、黒・白・赤・青の4つの色展開になっています。

動画元:公式サイト

補足ですが、すべてのアプリに対応しているわけではないそうです。

今後Fufferが広まれば、対応するアプリは増えそうだね。
Androidはほとんどのアプリに使えるそう(?)です。

このケースを使うと、合コンとかでネタになりそう。(笑)