Sponsored Link
近年のiPhone購入者の85%はAndroidユーザーらしい

近年におけるAppleの快進撃は止まらない。

iMacやiPadシリーズをはじめ、昨年もiPhoneの最新版であるiPhone6を発売し話題を読んだ。

Sponsored Link

iPhoneにおけるシェアも拡大しており、2014年四半期に7400万台の iPhone を販売したと公式に発表し、記録的数字を打ち立てた。

ウォール・ストリート・ジャーナルでのインタビューでTim Cook(ティム・クック)氏がこう発言している。

「iPhone6の購入者の15%はすでにiPhoneを所有している人。85%の人は一部を除き元Androidユーザーである」

大胆発言の裏には、iPhoneの確かな実績と向上し続けるApple社の意気込みが見てとれる。

iPhoneは約1年〜2年おきに新モデルが発表されているが、必ず新機能を搭載させデザインも計算された現代モデルに進化させている。

1度iPhoneを手にとると他のメーカーの端末が触れない。私もその一人であるが、Androidもこうした状況を黙って見過ごすわけにはいかないだろう。

スマホ市場はますます加速し、進化し続けることでしょう。

ただ。iPhoneの世界的なシェアは年々確実に広まっていることは確かな事実である。