Sponsored Link
【Mac】Yosemiteでiphoto/Apertureが使えない時の対処法

Mac Book ProやiMacをYosemiteへアップグレードすると、iphotoとApertureが使えなくなります。

私もアップグレードした際は、「あれ、使えなくなってる・・」と少しショックを受けていました。

しかし、ある方法を行えばiphotoとApertureが復活します。

今回は、OS X YosemiteでiphotoとApertureを使う方法を紹介します。

Sponsored Link

iphoto/Apertureが起動しない、使えなくなってる・・

OS X Yosemiteへアップグレードした後に、iphotoとApertureを見てみるとこのようにいつもとは違うアイコンになっています。

起動させてみると、このような表示が出てきます。

私も正直びっくりしましたね。「あれ、これまでの写真はどうなるの?ってね。

App Storeで検索してみてももちろん「アイテムを利用できません」と表示されます。


iphoto/Apertureを使えるようにする方法

iphotoとApertureを復活させて使うには、iphotoとApertureをアンインストールしてインストールするだけです。

はい、これだけで復活します^^

アンインストールはiphotoとApertureをゴミ箱へ移動させて、ゴミ箱からも空にさせます。この時、LaunchpadやDockには残っているのでこちらも削除します。

Macからアンインストール(消去)したら、再度MacのApp Storeからインストールします。

購入済みリストを見るとありますね。(サインインが必要)

iphotoの開発は終了。今後はPhotos(写真)へ

Photos for OS X(写真アプリ)のリリースにより、ApertureとiPhotoのサービスは終了しました。iPhotoヘビーユーザーにとっては残念な話です・・。

しかしながらiPhotoのほうが使いやすいという方は、上記の方法でiPhotoをインストールし直してお使いいただければと思います。

関連記事>>>iPhotoの写真データの保存場所はどこ?