Sponsored Link
iPhoneが充電できない時の対処法|原因は本体/ケーブル接触か?

長年iPhoneを使っていると、突然充電ができなくなる場合があります。

本体が悪いのか?それともUSBケーブルの接触が悪いのか・・?

考えられる原因はいくつかあるのですが、きちんと対処すれば治ることがほとんどです。

そこで今回は、iPhoneが充電できない時の対処法をいくつか紹介したいと思います。

Sponsored Link

ケース1. コンセントマークが表示している

このような表示を見たことがありますか?

iPhoneのバッテリー残量が極限まで減っている場合、このように表示されます。この場合、Lightning USBケーブルを挿してもこのマークが表示され続けます。

一瞬「壊れたかな?」と思いますが、慌てずに5分〜10分、あるいは10分以上充電し続けてください。

しばらくすると電源が入り、通常通り使えるようになります。

ケース2. iPhoneが固まっている(フリーズしている)場合

iPhoneの画面が固まってフリーズしている場合、Lightningケーブルを挿しても充電できないことがあります。

おそらくメモリ不足や一時的な不具合だと思うので、再起動すれば解決します。

ケース3. 純正ケーブルを使っていない場合

純正ケーブルやApple公認のケーブルでないと、正常に充電できなくなったりバッテリーが劣化してしまうことがあります。

たまに充電できなくなることも報告されていますね。

iPhoneを充電する際は、なるべくAppleが公認している純正ケーブルを使うことを推奨します。

ケース4. Lightning USBケーブルが壊れている

Lightning USBケーブルが壊れているケースがあります。

コネクタの外見は大丈夫でも中身が切れていたり、抜き差しによる摩擦など、接触が悪くなっていることがあります。

この場合、違うケーブルで試して接触を比較すると良いでしょう。

ケーブルが原因の場合、この機会に純正品を購入しましょう。


ケース5. iPhoneのバッテリー寿命かも?

バッテリー自体が劣化している可能性があります。

500回以上充電をしている、バッテリ残量がすぐに減る、本体が過剰に熱くなる、といった場合は寿命かもしれません。

保証期間を過ぎている場合は、Apple Storeにて約9000円でバッテリー交換が可能です。

ちなみにアップルストアではなく、自分で交換すると半額ぐらいで交換できます。

バッテリー交換キット

半額で交換したい場合や、業者へ本体を手渡したくないという場合はこのようなサービスを利用すると良いでしょうね。

関連記事>>>iPhone4sのバッテリー交換を自分でやってみた | 価格も安く短時間で済む!

まとめ

以上、iPhoneが充電できない時の対処法でした。

充電できない時は原因を確かめて、それに応じた対処法を行ってくださいね。

原因の多くはケーブルの接触不良やバッテリー寿命だと思うので、ケーブルの買い替えやバッテリー交換をして正常に充電できるようにしてください。