Sponsored Link
【iPhone】LINEで浮気がバレないようにトークを隠す方法

浮気にLINEを利用している人は正直多いです。

やはりメッセージのやり取りが容易だということが最大の魅力なんだと思います。浮気される側からすると大変厄介な話なんですが^^;

今回の記事では、そんなLINEでの浮気がバレないようにする方法をいくつか紹介していきます。浮気される側の方は、逆に教訓として覚えていただきたいと思います。

Sponsored Link

LINEの浮気がばれる瞬間

まず、LINEの浮気がばれる原因を探っていきます。

  1. 通知センターのメッセージ
  2. 受信音
  3. 相手の名前からバレる
  4. パスコードを設定していない

では一つずつ見ていきましょう。

1. 通知センターのメッセージ

LINEでは、メッセージを受信すると通知音とともにメッセージがポップアップ表示されます。しかもそのままにしておくと通知センターにも表示されてしまいます。

これ自体は大変便利な機能なんですが、非常にリスクが高いです。

対処法はこちら。

メッセージ内容をオフにする

通知センターでは通常、最初の文章が少し表示されてしまいます。

なのでこの文章をオフにしましょう。

設定方法はまず、LINEアプリのその他をタップして「設定」を開きます。

通知をタップします。

「メッセージ内容表示」をオフにします。

これで通知センターに届く通知メッセージが表示されなくなります。

このように、「新着メッセージがあります」と表示されるようになります。

2. 受信音

さて、頻繁にメッセージが届くと、受信音が気になります。

そこで相手から届くメッセージを個別に通知しないように設定します。

通知をオフにしたい相手のトークルームにて、「通知OFF」をタップします。これで通知をオフにできます。

オフになると、相手の名前の横に無音アイコンが表示されます。

もちろんLINEアプリを起動すると相手からメッセージが来ているのが確認できますのでご安心を。


3. 相手の名前からバレる

浮気相手の名前をそのまま使っていたり、女性の名前があると危険かもしれません。

念のため、特定の相手の名前を変更しておくと良いでしょう。

名前を変更するには、友だちリストから相手をタップして、名前の横をタップします。

この画面から相手の表示名の変更ができます。

最後に「保存」をタップすれば完了です。

また、友だちリストの特定の人物を非表示にできます。

「編集」をタップします。

友だちを選択して、非表示をタップします。

これで非表示にできます。ちなみに非表示にしてもメッセージは届きます。

4. パスコードを設定していない

パスコードを設定しておくと、誰かから見られることはありません。

「設定」をタップして「プライバシー管理」を開きます。

「パスコードロック」をタップします。

パスコードを入力すればLINEアプリがロックされます。誕生日など分かり易い数字は避けるようにしましょう。

まとめ

今回は、LINEでの浮気がバレないようにするための設定方法を紹介しましたが、逆に浮気を見破りたいという方も参考になるかと思います。

LINEアプリの場合、通知音や通知センターの表示が一番ばれてしまう原因だと考えます。

ただ、最終手段としてパスコードを設定しておくと安心なんですけどね^^