Sponsored Link
iPhone 7のデザインはベゼルフリーデザインを採用するかも

来年2016年にリリース予定のiPhone7ですが、ニュースサイトである「Digitimes」の情報によりますと、Appleはガラス技術を採用したタッチスクリーンを搭載するかもしれないと伝えています。

もしかすると来期の新型機ではベゼルフリー端末になるかもしれません。

Sponsored Link

ベゼルフリーってどんなデザイン?

ガラス技術を採用した場合、ベゼルフリー液晶(ベゼルレス液晶)が採用される可能性が高くなります。

ベゼルとは、縁・枠といった意味で、表示部分を保護するための部分です。主に時計や液晶ディスプレイで使われる用語です。

「ベゼルフリー」、いわゆる「縁なし」ディスプレイということになります。

現行のiPhoneに使われているインセルタッチ型タッチスクリーンでは、ディスプレイの端っこ部分のタッチ操作を感知することが難しく、ベゼルレスの実現は厳しいとされてきました。

しかしこのガラス技術を使ったベゼルフリー液晶になると、ディスプレイの端っこの部分でもタッチ操作が可能になる、というわけです。


ガラス技術のタッチスクリーンは初期iPhoneに搭載されていた

実はガラス技術のタッチスクリーンは、初期のiPhone端末に搭載されていましたが、iPhone5以降、ガラス技術ではなくインセルタッチ型スクリーンに変更されています。

変更理由としてDigitimesは、高解像度のインセルタッチ型タッチスクリーンは、歩溜まりが悪く、供給に制限があったと伝えています。

 

すでにサプライヤーのコーニングと旭硝子がAppleへサンプルを提出しており、iPhone7へ採用される可能性が出てきています。

しかしながら不明確な点も多く、実証されていない予想だと考えてもいいかもしれませんね。

参照元:9to5Mac