Sponsored Link
iPhone7/iPhone7 Plusで電磁波遮断シートが強化される模様

iPhoneSEの噂が絶えない中、iPhone7/iPhone7 Plusの情報も忘れてはいけません。

ニュースサイト「MacRumors」によると、iPhone7/iPhone7 Plusでは端末の性能はもちろんのこと、端末内部の強化も図られるという。具体的には電磁波遮断シートと呼ばれる電磁波から守るためのシートを一層強化するのだとか。

Sponsored Link

強化された電磁波遮断シートでiPhone7/iPhone7 Plusを保護

Electromagnetic Shielding、いわゆる電磁波遮断シートは電磁波から守るためのシートであり、現行のiPhoneにも採用されています。

MacRumorsによるとiPhone7シリーズから電磁波遮断シートを使う箇所をさらに増やし、端末へ与える影響を軽減させると伝えています。

電磁波遮断のメリット

電磁波遮断シートによってチップや基板への影響を軽減させるのですが、そのほかにもバッテリー容量の拡大や薄型化などといったメリットがあります。

iPhoneのバッテリー持ち時間は常に課題として挙げられているのですが、電磁波の遮断によってチップを高密度に配置することができ、結果的にバッテリー容量の拡大や薄型化につながるのです。

iPhone7/iPhone7 Plusは防水性能の向上やワイヤレスイヤフォンへの対応など機能面のほかに、こうした目に見えない内部性能が強化されると予想されています。

参照元:Macrumors