Sponsored Link
iOS13の対応機種が限定的に?iPhoneSEやiPhone6は対象外か

2019年の後期(秋)にリリースされると言われているiOS13。

噂によるとiOS13では過去機種が切り捨てられ、サポート対象の機種が限定的になるとのこと。

旧機種を愛用するユーザーにとっては残念なお知らせになりますが、真相は未だ不明です。

Sponsored Link

iPhoneSEやiPhone6/6sも対象外になってしまうのか

今年の目玉となるiOS13が限定的になるという噂はtheverifier.co.iltというメディアが報じました。

同メディアによると、iPhone6シリーズやiPhoneSEなどがサポート対象外となり、上位機種のみがiOS13の恩恵を受けることができるようです。

真相は定かではありませんが一つの注目材料だと言えます。

対象外と伝えられた機種はこちら。

  • iPhone SE
  • iPhone5s
  • iPhone6
  • iPhone6 Plus
  • iPhone6s
  • iPhone6s Plus
  • iPhone5s

またiPadシリーズやiPod touchの対象外機種も伝えられています。

  • iPad Air
  • iPad Air 2
  • iPad Mini 2
  • iPad Mini 3
  • iPad Mini 4
  • iPod touch 第6世代

ユーザーの機種変更を促す戦略か

Apple側の戦略として過去機種を対象外として切り捨てる理由は、新しい機種への変更を促す狙いがあります。

未だに多くのファンが愛用するiPhone SEや、中古で安く手に入るiPhone6/iPhone6sシリーズは、ある程度の機能性や値ごろ感から利用ユーザーが多いのが現状です。

そうしたユーザーを新機種へ変更させるには、iOSのサポートを中止するほかないわけです。

ただ、iPhoneSEなどの小型機種を好むユーザーは代替え受け皿としてiPhone SE2(仮)が発表される噂もあります。価格が抑えられた小型端末の発売によって一定の旧機種ユーザーが流れ込む可能性は十分考えられます。

一定の機種は対象外になる可能性はあり

個人的には、上記で述べた機種全てが対象外となる可能性は低いと見ています。

可能性があるとすると、古いチップ(A7)を搭載しているiPhone5sやiPad Airなどが対象になるかもしれませんね。

A8チップ、A9チップ搭載機種はiPhone6シリーズやiPhone SEということで、さすがにまだ対象外にはならないと考えています。

ただしこれは個人の見解なので噂程度だと捉えてくださいね。