Sponsored Link
iOS13.6/iPadOS13.6でリンゴマークから進まない不具合か

iOS13.6及びiPadOS13.6へアップデートすると、アップデート後の起動時にリンゴマークから先の画面に進まずに起動できない不具合が報告されています。

この症状はリンゴループと言われており、この症状が起きた場合は工場出荷前の状態にしなければ改善できないのだそうだ。

Sponsored Link

iOS13.6/iPadOS13.6へのアップデートは慎重に

Twitterに投稿された複数ユーザーの情報によると、iOS13.6やiPad OS13.6にアップデートすると、アップデート時にリンゴマークから動かなくなったり、リンゴループ(リンゴマークがついたり消えたり)する不具合が発生しているようです。

なぜそのような不具合が起こるのかは不明だが、これからアップデートを考えている方は慎重に行ったほうがよさそうだ。

もちろんこのような問題はiOS13.6に始まったことではなく、以前から同じような現象は報告されている。

この症状が起きた場合、工場出荷前に初期化しなければ改善しないようですが、中には復旧も不可能になる端末もあるそうだ。復旧ができなければ、Appleへ問い合わせをして本体交換するしかない。もちろんデータの復元も不可能だ。

アップデート前は必ずバックアップをしよう

今回に限ったことではないが、iOS/iPadOSのアップデート前は必ずバックアップを作成するようにしよう。

iCloudやiTunesはもちろんのこと、念のために写真や動画などは他のクラウドサービスに保存することも有効だ。

また、iOS/iPadのアップデートは自動ではなく、手動でするようにするとリスク回避できる。

設定方法は「設定」アプリから「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→「自動アップデートをカスタマイズ」にて設定変更することが可能だ。

iPhone SE第二世代/iPhone XSをiOS13.6へアップデート済み

筆者は、iPhone SE第二世代とiPhone XSをiOS13.6へアップデートしていますが、リンゴループの不具合は起きていない。

また、iPad ProもiPadOS13.6にアップデートしていますが、そのような不具合は一切起きていない。

なぜ不具合が起きているのか?

明確な理由は不明だが、現時点での情報によると、端末の容量が不足していたり、古いiOSから一気にバージョンアップさせることで不具合が起こるとのこと。例えばiOS11からiOS13.6へ一気にバージョンアップさせると問題が起こるのだとか。

もちろん個体差のある症状なのでなんとも言えないが、アップデートは慎重に行い、必ずバックアップをとるようにしよう。