Sponsored Link
【iOS13】iPadは廃止へ|新iOSとしてiPadOSが登場

WWDC2019にて、iOS13は今年秋にリリースすることが伝えられました。

その中で注目されたのはiPadへの対応だ。iPadへはIOS13としてリリースされるのではなく、iPad向けの新型iOS「iPadOS」として紹介されたわけだ。

Sponsored Link

新型「iPadOS」の登場

注目が集まるiOS13の話。

iPad向けは廃止、と書くと正直語弊があるが、これからの世代はiPad向けiOSとして「iPadOS」がリリースされる。

iOS13とは別枠で紹介していましたが、基本ベースは従来のiOSと変わらないようです。

当然iOS13の新機能は搭載されますが、iPadOS独自の新機能も追加される予定である。

iPadOSに搭載される機能としては、マルチタスクアプリのミニウインドウで「Slide Over」している間にアプリ間で素早く移動できる機能や、「Split View」の強化、 カーソル移動やジェスチャ操作の簡易化、ファイルアプリの強化などが行われている。

更に次期MacOS Catalinaと連携することで可能になるMacのサブディスプレイ化「Cidecar」は、iPadOS独自の新機能として注目したいところ。

iPadOSの対応機種

iPadOSは、iPad mini4/iPad AIr 2以降の機種に対応されます。

従って、初代iPad Airや初代iPad mini、iPad mini2、iPad mini3には対応されずに切り捨てられる形となりました。