Sponsored Link
Macを時間指定して自動的に起動・再起動・システム終了させる方法

今回の記事では、Mac OSを自分が指定した時刻に自動で起動や再起動、スリープ、システム終了させる方法をご紹介します。

自分が使うであろう時間帯にMacPCを起動させたり、電源を切り忘れることを防ぐなど、様々なシーンのために設定することができます。

Sponsored Link

Macの電源起動操作を機能的に使おう

今回の操作では、Mac OSの「スケジュール」という機能を使います。

この機能によって電源の切り忘れを未然に防いだり、起動を時間指定して効率化を計ることが可能になります。

まず「システム環境設定」から「省エネルギー」をクリックします。

右下にある「スケジュール」をクリックします。

「起動またはスリープ解除」と「スリープ・際起動・システム終了」の2つの項目があります。

「起動またはスリープ解除」にチェックを入れると、指定した時間に起動/スリープ解除を行ってくれます。


また、「スリープ・再起動・システム終了」にチェックを入れると、指定した時間にスリープ、再起動、システム終了を行ってくれます。

時間指定は1分刻みで行うことができ、さらには「毎日」「平日」「週末」「曜日」を指定することができます。

まとめ

ちなみにPCがスリープ状態の場合、再起動やシステム終了はできません。

使い方によっては非常に優れた機能となりますので、用途に合わせて設定してみてはいかがでしょうか。

関連記事>>>Macで時報を音声通知させて時間を管理しよう