iPhone・Appleのデジモノブログ『やっぱ、Appleでしょ。』

『やっぱ、Appleでしょ。』はiPhone大好き男子による製品情報ブログです。時には好きなゲームや休日をお伝えすることも。

*

Macを時間指定で自動的に起動・再起動・スリープ・システム終了させる方法

      2017/12/02


Mac OSでは、自分が指定した時間帯に自動で起動やスリープ、再起動・システム終了をさせることができます。

今回の記事では、時間を指定してMacを自動的に起動や再起動、スリープ、システム終了させる方法をご紹介していきます。

Sponsored Link

Macの電源操作を自動で管理しよう

仕事や趣味などで毎日のようにMac OSを使っている場合、電源を切ったり起動させたりするのが面倒くさくなったりしますよね?

そんな方のためにMac OSでは自動で電源の切り入れや電源操作を行う「スケジュール」という機能が搭載されています。

この機能を使うと、例えば自分が朝起きてMacPCを使う際に自動で電源を入れるように設定しておくだけで快適に使うことができます。また、電源を切り忘れても深夜帯に自動で電源を切るように設定しておけば便利です。

電源を時間指定で自動管理することで、パソコンの省エネやバッテリー性能の維持に繋がりますので頻繁にPCを扱う方は是非設定しておいてください。

Macを自動で起動・スリープ解除させる方法

まず、システム環境設定から「省エネルギー」を選択します。

右下にある「スケジュール」をクリックして設定を行います。

「起動またはスリープ解除」にチェックを入れて日時や時間を設定してください。

日時は「毎日」「平日」「週末」「〜曜日」を選択することができ、
起動、スリープ解除したい時間を指定しましょう。

最後に「OK」をクリックして設定完了です。


Macを自動で再起動・スリープ・システム終了させる方法

先ほどと同じように、システム環境設定から「省エネルギー」を選択します。

右下にある「スケジュール」をクリックして設定を行います。

ここで下記画像のようにチェックボックスにチェックを入れて「スリープ」「再起動」「システム終了」の中から設定したい項目を選びます。

そして、先ほどと同じように「毎日」「平日」「週末」「〜曜日」を選び、時間帯を入力します。

最後に「OK」をクリックして設定完了となります。

これで、自分が指定した時間に自動で「再起動・スリープ・システム終了」されるようになります。

補足:ちなみにスリープ時は再起動及びシステム終了はされません。

 - Macの設定やテクニック

こんな記事も読まれています


PREV
Macで画面全体のスクリーンショットを撮る方法
NEXT
【Mac】スクリーンショットのキャプチャ画像のファイル形式をjpegやgifに変更する方法

  関連記事

Mac起動時にアプリが自動的に開かないようにする設定方法

Macを起動させると、使わないアプリが勝手に立ち上がる場合があります。 起動させ …

【Mac】席を離れた時にパスワードを要求させる方法

パソコン作業中、どうしても席を離れないといけない場合があると思います。 カフェや …

【Mac】Safariで一旦閉じたページ(タブ)を復元する方法

Safariを使っていると、見たいページを間違って閉じてしまうことがあると思いま …

Macのコンピュータ名を変更/確認する方法

Macにあるコンピュター名とは、ネットワーク上で表示されるコンピュータの名前のこ …

Macでログインしたままユーザーアカウントの切り替えを簡単に行う方法

複数人で作業したり他人が自分のパソコンを使う場合、ユーザーアカウントを切り替える …

Macの壁紙(デスクトップピクチャ)を起動時やスリープ時に自動変更する方法

iMacやMac Book Pro/Airを起動させた際に、壁紙を自動で変化させ …

Macのシリアル番号(製造番号)を確認する方法

自分が使っているMacが故障して修理に出す場合、本体のシリアル番号を調べる必要が …

PC版LINEのログインをiPhone(スマホ)へ通知させなくする方法

「LINE=スマホアプリ」というイメージがありますが、実はパソコン版のLINEも …

Macで時報を音声通知させて時間を管理しよう

MacPCに限ったことではありませんが、パソコンで仕事や作業をしていると時間を忘 …

【Mac】Mailでメール本文に書かれている住所を素早く地図で確認する方法

Macのメールでは、記載された住所をいち早く確認する機能があります。 この機能を …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA