Sponsored Link
iOS9.3からWi-Fiアシスト機能で使用したデータ通信量が表示される模様

iOS9からの新機能である「Wi-Fiアシスト機能」ですが、iOS9.3からはWi-Fiアシスト機能にデータ通信の使用量が表示されるようです。

Wi-Fiアシスト機能は自分が気付かないうちにパケットを使ってしまうという危険性があり、ユーザーから批判の声や改善を希望する声が多数ありました。

Sponsored Link

Wi-Fiアシスト機能によるトラブルが多数あったが・・

Wi-Fiアシスト機能とは、Wi-Fi回線が不安定の時にモバイルデータ通信(キャリア回線など)を使って回線を安定させる機能のことです。

実はこのWi-Fiアシスト機能が原因でキャリアのパケット通信量が膨大なり、多額の請求を受けるという事件がアメリカで起こっているのです。

一見、回線を安定させるという便利な機能に見えますが、勝手にパケットを消費してしまう危険もあり、ユーザーから改善を求める声が多数ありました。

iOS9.3からWi-Fiアシスト機能が改善

Apple側はこれを受け、iOS9.3ベータ版にはWi-Fiアシスト機能にデータ通信の使用量が表示されるように改善されているようです。

データ通信の利用量が表示されると、Wi-Fiアシストがどれぐらい機能しているのかが分かるようになり多少のリスクは緩和されそうですね。

しかし、Wi-Fiが不安定の時に勝手にはパケット通信を使って回線接続されるということには変わりありません・・。

Wi-Fiアシスト機能で勝手に接続されるのが嫌な方は、オフにしておいたほうがよさそうです。

関連記事
iOS9.1でWi-Fiが切れる/切断する原因はWi-Fiアシストだったことが判明?!