Sponsored Link
Appleがエアキーボードの特許を申請した!

実はここ最近、Appleがある特許を申請したことが話題になっている。

それは何もない部分がキーボードになる、通称「エアキーボード」だ。

これまでもエアキーボードの噂があったが、いよいよ本格的に導入を検討していくみたいだ。

Sponsored Link

Appleが考えているのは、「Taptics」と呼ばれる技法を使い、「ハプティク・フォードバック」の取得を考えています。

ハプティク・フォードバック」とは、”触れる感覚”という意で、センサーを使って何もない机等の平面でキーボードを打ったような凹凸感覚、それに似た錯覚に陥るキーボードを開発中だというわけです。

これまでAppleはフォースタッチ機能を導入し、押した部分が凹むような不思議な感覚を実現しているが、エアキーボードはそれに似たものになるのでは?と言われています。

もしもエアキーボードが導入されると、今後のMac Bookのキーボードの精度が劇的に変わり、今まで以上に薄型になる可能性もあるという。

もちろんこの技術が実現すれば、次世代のiPhone等にも応用されると予想されますので、ますます楽しみである。

これまでに数々の特許を申請&取得してきたAppleですが、まだまだ実現に至っていないものも多くある。

エアキーボードはまだまだ可能性の一つ、という段階ですが、今後も我々はAppleに期待し続けたいと思う。