Sponsored Link
iOS12.3へアップデート可能に|主な新機能をお伝えします

Appleは5月14日にiOSの最新版となるiOS12.3をリリースしました。

今回のアップデートではバグの修正のほか、カレンダーアプリの令和対応、Apple TV App、Air Playが一新されています。

Sponsored Link

iOS12.3のアップデート内容

iOS12.3のアップデート内容が公開されました。

今回のアップデートでは主に3つの新機能が追加されています。

1. AirPlay2の機能追加

AirPlay2では、iOSデバイス(iPhone/iPad)からAirPlay2対応のスマートテレビにビデオ、写真、音楽などを共有することが可能になります。

またワンタップで再生すると、最後に再生したテレビ、映画が時間と場所に応じて自動再生されます。

さらにSiriの提案によってテレビや映画視聴時にオプションを追加したり、インテリジェント入力候補でデバイス上で実行され個人情報やプライバシーを保護します。

2. Apple TVの新機能

Apple TVではインターフェイスが一新され、厳選されたコレクションからコンテンツを選択することが可能になりました。

Apple TVのサブスクリプションでは、新しいAppやアカウント、パスワードが不要で家族最大6人で共有することができます。

また、新作映画や10万本を超えるコンテンツを(最大4K HDRのタイトル)Apple TV App経由で購入・レンタルすることができます。

3. 日本の和暦 令和表示が可能に

その他の改善点としては、和暦に令和が追加されたり、Apple MusicのFor Youの更新頻度が増え、テーマに沿った音楽の提案が可能になったり、通話時におけるWi-Fiの不具合の改善など、細かな機能追加やバグの修正も行われています。


iOS12.3のアップデート方法

5月20日時点ではiOS12.3の不具合情報はないので、アップデートしても問題はなさそうです。当方、iPhone XSにインストールしたところ問題なく動いています。古い機種の不具合に関しては、ツイッターなどで情報があれば配信したいと思います。

アップデート方法は、「設定」アプリから「一般」をタップします。

「ソフトウェア・アップデート」をタップ。

「ダウンロードとインストール」をタップ。

通信速度によって差はありますが、10分〜20分程度でアップデートは完了します。私は約15分で終わりました。


ちなみに上記画像には「自動アップデート」とありますが、個人的には「オフ」が良いと思っています。iOSアップデートには不具合がつきものなので、自動的にアップデートさせるのにはリスクが伴います。

最後になりますが、無事インストールできましたでしょうか?

iOS12.3のバグや不具合情報があれば、また改めてお伝えしていきますね。