Sponsored Link
AndroidとMac間でデータ転送する方法|写真や動画を簡単に取り込めるぞ!

Android端末からMacへファイルを送りたい場合、「Android File Transfer」というソフトを使用すれば簡単にデータのやり取りをすることができます。

AndroidとMacではデータの転送ができないと思われがちですが、実は超簡単にできるんです!

Sponsored Link

Macを持っているけどスマホはAndroid!

「これじゃデータをやり取りできないんじゃ・・?」

と思いきや、AndroidからMacへデータ転送が簡単にできるんです。

使用するのは「Android File Transfer」ソフトウェアです。

簡単に言えば、iPhoneにはiTunesで管理をするのに対し、AndroidはAndroid File Transferでデータを管理する、という感じですね。

まずはAndroid File Transferをインストールしよう

Android File TransferはGoogleが開発する無料公式ソフトウェアです。

まずはこちらのサイトからダウンロードしましょう。

>>>https://www.android.com/filetransfer/

「Download Now」をクリックします。

「AndroidFileTransfer.dmg」をダブルクリックします。

ドラッグ&ドロップをして端末へインストールをしてください。

インストールが完了したら、早速Android端末をMacへ接続してください。

接続した時に、このように「アクセスを許可しますか?」と表示されることがあります。もちろん「許可」をクリックしてください。

Androidスマホを接続するとAndroid File Transferが自動で起動するのですが、端末によっては起動しません。その場合は画像のように「Androidシステム」をタップします。

「ファイルを転送」が選択されていることを確認します。これで自動で起動するはずです。尚、端末によってはこの画面で「1回のみ」or「常に接続」という選択画面が表示されます。「1回のみ」を選ぶと毎回手動で選択することになり、「常に接続を」選ぶと自動でソフトが起動します。


Android端末のデータを転送しよう

接続したらデータを転送します。

このようにAndroid端末のデータがフォルダごとに表示されます。

しかしこうしてみると、何がどこにあるのかわからないですよね・・。

Androidではアプリごとに専用フォルダにデータが分けられています。

  • DCIM:内蔵カメラアプリで撮影した写真・画像のフォルダ
  • Download:ブラウザなどからダウンロードしたデータフォルダ(.jpegや.pdfファイルなど)
  • Pictures:内蔵カメラ以外の写真データ
  • Music:音楽データ
  • Videos:内蔵カメラ以外の動画フォルダ

基本は写真/動画データを取り出すと思うので「DCIM」や「Download」フォルダを触ることが多いでしょう。

ファイルを移動したい場合は、Finderへドラッグ&ドロップをしてください。そうすると転送(コピー)が可能になります。

もちろんAndroid File Transfer上からデータを削除することもできるので、Android上のデータをまとめて削除したい場合はファイルを選択して削除をしましょう。(※削除したデータはMacのゴミ箱にはいかず、完全に削除されます。ご注意くださいね。)

AndroidユーザーはずAndroid File Transferは必須かも

以上、Android端末からデータを転送する方法でした。

とりあえずAndroid File Transferがあれば何かと便利です。

Android端末で容量が足りない時の保存先としてMacを使うのも良し!データをバックアップ感覚でMacへコピーするも良し!Androidで撮影した画像を加工するためにMacへ送るも良し!

ひとまずAndroid File TransferがあればAndroidのデータを管理できるのでPCには必須ですよ!