Sponsored Link
iOS13.1.2のアップデート、英語のリリースノートでも大丈夫?

iOS13.1.1、iOS13.1.2と立て続けにリリースされた今回のアップデート。

主に細かなバグの修正を行ったようですが、リリースノートを見るとなぜか英語に・・。

たま〜にあるんですよね、これ・・。

Sponsored Link

iOSのリリースノート、英語だけど大丈夫なの?

最新のiOSをアップデートしようとすると、このように英文の説明が書かれていました。

英語表記だとアップデートを躊躇してしまいますよね・・?

「アップデートしたら全て英語になってしまうんじゃないのか・・」
「アップデートするのが怖い」

などと思ってしまう方も少なからずいるはずです。

リリースノートが英語になっている理由は分かりませんが、度重なるマイナーアップデートでApple側が翻訳する時間がなかったのだろうか・・。

英語のリリースノートって珍しいと思ってしまいますが、たまにあるんですよね。

iOS13.1.1から一週間経たずして公開されたので、緊急性があることも考えられます。

もちろんiOSのみならずiPadOSも同様に英語でしたね。

さて、

「英語表記でアップデートしても大丈夫?」

ということですが、気にしなくても良いです。

むしろiOS13.1.1からバグが修正されているものがリリースされているのでアップデートしたほうがよさそうです。

iOS13.1.2で再度不具合が発生する恐れもありますが、あくまでもマイナーアップデートなので致命的なバグは起こらないと思われます。

まあそもそも、「英語表記だと不安だよ〜」というユーザーの気持ちも考えていただきたいですよね。

もちろん私はiOS13.1.2へアップデート済みです。