Sponsored Link
【iOS13】アプリごとにBluetoothの使用許可を設定する方法

iOS13からプライバシーの保護が強化され、ユーザーの同意なしにアプリが勝手に位置情報を取得することがなくなりました。

そのため、iOS13ではアプリ起動時にBluetoothの使用許可を求めるようになり、ユーザーが任意で決めることができるようになったわけです。

今回の記事では、そんなBluetoothの使用許可をアプリごとに設定する方法をご紹介していきます。

Sponsored Link

アプリなのになぜかBluetoothの使用許可を求めてきたぞ

アプリ使用時に、なぜかいきなり「Bluetoothの使用を求めています」と表示されたことはありませんか?

メジャーアプリで言うとLINEがBluetoothの許可を求めることがあり、位置情報を取得しようとしてきます。

Bluetoothを使った位置情報の取得は、近距離無線技術機器であるBeacon(ビーコン)によるものです。

ビーコンはショッピングセンターなどで、ユーザーの行動パターンを読み、ビジネスシーン及びマーケティングに活用されるデバイスです。

詳しくはこちらの記事度ご覧ください。

Bluetoothの使用許可が不必要なら設定でオフにしよう

Bluetoothの使用許可を求められたときに、間違ってオンにしてしまったり、オフからオンにしたいときに、後から改めて設定することができます。

設定方法は「設定」アプリから「プライバシー」をタップします。


「Bluetooth」をタップします。

Bluetoothの使用を要求したアプリが一覧で表示されるので、設定を変更することができます。

基本的にBluetoothによる位置情報の取得が不要だと思えば全てオフで良いと思います。

できるだけ不要な設定は避けておいた方が身のためですので、使わない機能はオフにしておきましょう。

オフにすることでバッテリー消費も抑えられますからね。