Sponsored Link
【超簡単】iPhoneのLINEで未読のままメッセージを読む方法

今回は、iPhoneで既読をつけずにLINEのメッセージを読む方法をご紹介!

実はiPhoneはある機能を使えば超簡単に既読回避することができるんです!

もちろん余計なアプリは不要です!

Sponsored Link

iPhoneの3D Touchを使えばトークルームを開かずに読める!

結論から言うと、iPhoneの3D Touchの機能を使えば、既読をつけることなく、LINEのメッセージを読むことができます。

3D Touchとは、画面を押し込むことができる機能のことで、圧力の大きさを感知してメニューやプレビュー画面を出してくれる機能です。
3D Touchの対応機種

  • iPhone 6s/ iPhone 6s Plus
  • iPhone 7/ iPhone 7 Plus
  • iPhone 8/ iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max

iOS版のLINEでは、3D Touch搭載端末で特定のトークを強く押し込むことで、既読をつけずにメッセージをポップアップ表示することができるわけです。

ご覧のように、既読をつけたくないトークを指で強く押し込みます。

※3D Touchなので「見たいトークを長押しする」ではなく、強く押し込みます。

するとトークが浮かび上がります。浮かび上がったトークをタップするとそのままトークルームへ移動します。メニュー外をタップすると、元のトークルーム一覧画面に戻ります。もちろん既読は回避されます。


3D Touchが搭載してない端末はどうなるの?

では、「iPhone XRやiPhone 11といった3D Touch非搭載端末はどうなるのか?

Appleは3D Touchの廃止を進めており、これからのiPhoneは代替え機能としてHaptic Touch(ハプティックタッチ)が基本機能として加わります。

では3D Touch非搭載端末はLINEの既読回避ができないのか?!

答えは「できます!」

3D Touch非搭載端末はHaptic Touchで既読回避が可能

3D Touch非搭載端末はこちら。

3D Touch非搭載端末

  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max

上記の3D Touch非搭載端末は、代替えとしてHaptic Touch(ハプティックタッチ)が搭載しており、3D Touch同様にLINEの既読回避は可能となります。

Haptic Touchは3D Touchのように強く押すことではなく、長押しすることで様々な機能を呼び出すことができます。

iOSとLINEのアップデートは必須条件

Haptic Touch搭載端末で既読回避をするには、2つの条件があります。

  • iOS 12.1.1以降のバージョン
  • LINE 9.16.5以降のバージョン

iOS12.1.1以降のインストールに加え、LINEのバージョンアップも必要です。

Haptic Touchによる通知のプレビュー機能は、iOS12.1.1で追加された機能なので、バージョンアップは必須条件です。

ちなみにLINEのバージョンアップはApp Storeから行ってくださいね。

【補足】iPhone SEでも既読回避が可能に

なんと、3D TouchとHaptic Touchが搭載されていないiPhone SEでも、既読回避(通知プレビュー)が可能になりました。

iOS13以降にバージョンアップすることで、同じようにLINEのトーク画面をポップアップで開くことができるので、是非アップデートしてみてください!

もちろんLINEのバージョンアップも必要ですよ!

つまり最終結論として、iOS13にアップデート可能な端末であれば、LINEの既読回避ができるということになります。