Sponsored Link
Google Chromeに乗っ取りの脆弱性、直ちに更新を!

米コンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT)は米国時間8月19日にGoogle Releases Security Updates CISAにおいて、デスクトップ向けブラウザ Google Chromeにシステム乗っ取りの脆弱性があると伝えています。

今回の脆弱性では、危険度がMAX(高)に分類されているため、速やかなアップデートを推奨します。

Sponsored Link

84.0.4147.135以降へアップデートを

今回、アップデートを推奨するのはデスクトップ向けWebブラウザ「Google Chrome version84.0.4147.135」より前のバージョンです。

もしも悪用されてしまうと、システムの制御権が乗っ取られる可能性があるので注意が必要です。ただ、脆弱性に関する具体的な情報は公開されておらず、現時点では我々が詳細を知ることはできません。

Google Chromeのバージョンを確認する方法は、Chromeの「設定」を開き、「Chromeについて」をクリックします。

このように「バージョン:84.0.4147.135」でない場合はアップデートが必要です。

脆弱性が修正されたバージョンはWindows、Mac、Linuxそれぞれ公開されています。

  • Google Chrome version 84.0.4147.135 for Windows
  • Google Chrome version 84.0.4147.135 for Mac
  • Google Chrome version 84.0.4147.135 for Linux

下記画像のように「バージョン:84.0.4147.135」となっていればOKです。

アップデートについては「Chromeについて」のページを開くことでアップデートが必要かどうか自動で確認され、Chromeを再起動することでアップデートが適用されます。

何度も書きますが、今回の脆弱性は危険度が非常に高いため、速やかなアップデートを推奨します。