Sponsored Link
キャリア2年縛り後の解約期間が2ヶ月に延長するらしい!

これまでにも問題視はされてきたキャリア2年縛り後の解約期間の問題。

現状では各キャリアともに解約期間は1ヶ月とされており、ユーザーはその該当期間内で解約しないと約1万円もの解約金を支払う必要がありました。

実は今回、総務省があらためて携帯電話のルールの検討会を新設し、了承されたことがわかったのです。

Sponsored Link

大手キャリアの解約期間が変わる

今回の検討会によって解約期間の延長がなされるわけですが、やはり大手キャリアにとってはかなり痛手である。

近年、MVNO業者が増えており、キャリア契約するユーザーが大幅に減っているのが現状である。

ご存知MVNOでは、ルーターやスマホ等からWi-Fiを通して通信するわけですので、スマホとPC間でテザリングを行ったり、PCやタブレッド・スマホを一つのルーターで兼用したりすることもできる。
ちなみに筆者もMVNOを利用しており、正直キャリア回線は必要なくなっている。

この機会に解約者が増えることが懸念されますし、今後も大手キャリアの契約者は減っていくでしょうから、携帯業界もこの変更に難色を示すことでしょう。


大手キャリアは、そうした総務省の動きに対する予防策として、今年10月〜12月の間に解約無料期間を1ヶ月から2ヶ月に延長することを発表し、契約更新時期が近づくとメール等でユーザーへ知らせるサービスを6月末までに開始するみたいです。

この対策によって、多少なりともユーザーの利便性が向上するわけですが、我々としては2ヶ月とは言わず、2年縛り後の解約無料化を行って頂きたい。

ソフトバンク、docomo、auの三社の競争が激しい中、今後も何か動きがありそうですね。

参照元:YOMIURI ONLINE