iPhone・Appleのデジモノブログ『やっぱ、Appleでしょ。』

『やっぱ、Appleでしょ。』はiPhone大好き男子による製品情報ブログです。時には好きなゲームや休日をお伝えすることも。

*

Macのスクリーンショットをセルフタイマーで撮影する方法

      2017/12/02


Macでは、画面のスクリーンショットを撮影することはできますが、一定時間経過後に自動で撮る(セルフタイマー)という方法はあまり知られていません。

そこで今回は、セルフタイマー機能を使って時間差でスクリーンショットを撮る方法を紹介します。

画面キャプチャ撮影でどうしてもセルフタイマー機能が必要な場合は、今回の記事を参考にしてくださいね。

Sponsored Link

セルフタイマーでスクリーンショットを撮る方法

スクリーンショット撮影に関しての記事は過去にもいくつか書いています。

Macで画面全体のスクリーンショットを撮る方法

Macのキャプチャ機能で画面の一部をスクリーンショット撮影する方法

スクリーンショットのキャプチャ画像のファイル形式をjpegやgifに変更する方法

そして今回の記事はスクリーンショット撮影を時間差で撮影する方法です。

設定方法は、「起動ディスク(Macintosh HD等)」→「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「グラブ」を開きます。


メニューバーの「取り込み」から「タイマー」をクリックします。

するとこのように表示されるので「タイマーを開始」をクリックして開始します。

タイマーは10秒後に自動でスクリーンショットを撮影することができます。
ちなみに撮影はデスクトップ全体のスクリーンショットになります。

まとめ

セルフタイマーを使って撮影できるのはデスクトップ全体のスクリーンショットです。

「セルフタイマーを使うけど撮る箇所は一部分だけでいい」という場合は、画像を切り取って使うなどして工夫してくださいね。

 - Macの設定やテクニック

こんな記事も読まれています


PREV
Macの音量調整を細かく設定する裏技
NEXT
【Mac】SafariのブックマークをFirefoxへ移行(インポート)する方法

  関連記事

Macを時間指定で自動的に起動・再起動・スリープ・システム終了させる方法

Mac OSでは、自分が指定した時間帯に自動で起動やスリープ、再起動・システム終 …

【Mac】Yosemiteでiphoto/Apertureが使えない時の対処法

Mac Book ProやiMacをYosemiteへアップグレードすると、ip …

Macでログインしたままユーザーアカウントの切り替えを簡単に行う方法

複数人で作業したり他人が自分のパソコンを使う場合、ユーザーアカウントを切り替える …

【Mac】Safariで一旦閉じたページ(タブ)を復元する方法

Safariを使っていると、見たいページを間違って閉じてしまうことがあると思いま …

【Mac】起動やシステム終了した時間を調べる方法!勝手にPCを使用した人がいないか確認

一人でパソコン作業やネットサーフィンをしている際はいいんですが、席を離れたりパソ …

Macのコンピュータ名を変更/確認する方法

Macにあるコンピュター名とは、ネットワーク上で表示されるコンピュータの名前のこ …

Macのホットコーナーを設定して作業効率をアップしよう!

MacのOS Xでは「ホットコーナー」と呼ばれる大変便利な機能が搭載されています …

Macのバッテリーは正常ですか?状態を簡単に確認する方法

Macを長年使っていると、バッテリーの持ちや寿命が気になりますよね。 正常ではな …

【Mac】Safariのブックマークをバックアップ&インポートする方法

筆者はSafariブラウザを使っていますが、過去にブックマークをバックアップして …

PC版LINEのログインをiPhone(スマホ)へ通知させなくする方法

「LINE=スマホアプリ」というイメージがありますが、実はパソコン版のLINEも …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA