iPhone・Appleのデジモノブログ『やっぱ、Appleでしょ。』

『やっぱ、Appleでしょ。』はiPhone大好き男子による製品情報ブログです。時には好きなゲームや休日をお伝えすることも。

*

【Mac】解凍済み圧縮ファイルを自動でゴミ箱に移動する方法

      2018/05/03


Macでは、ファイルを解凍すると元々の圧縮ファイルがそのまま残ります。

元の圧縮ファイルをフォルダに残したくない場合は、アーカイブユーティリティにて設定をすることで、自動的にゴミ箱へ移動させることができます。

今回の記事では圧縮ファイル(解凍済みファイル)を自動でゴミ箱に移動する方法を紹介します。

Sponsored Link

解凍済みファイルを自動的に移動する方法

Macで行うzipファイルの圧縮&解凍操作は、アーカイブユーティリティと呼ばれるツールで行います。

通常であればzipファイルは自動で解凍されて、解凍済みファイルはそのまま残ります。

解凍済みファイルが必要ない場合は、アーカイブユーティリティにてゴミ箱へ自動で移動させるように設定してください。

アーカイブユーティリティは「起動ディスク(Macintosh HD)」→「システム」→「ライブラリ」→「CoreServices」→「Applications」にあります。

検索に「アーカイブユーティリティ」と入力すると早いと思います。

アーカイブユーティリティを起動させてメニューにある「環境設定」を開きます。


展開後の設定で「アーカイブをゴミ箱に入れる」を選択します。
(そのまま削除したい場合は「アーカイブを削除」を選択)

 

これで次回から、解凍済みファイルがゴミ箱へ自動的に移動されます。

最後に

解凍済みファイルがFinderに残ってしまうのが嫌な場合、上記の設定を行うことで自動で移動させることができます。

設定自体は非常に簡単なので、参考にしてみてくださいね。

関連記事>>>【Mac】MailからWindowsへ添付ファイルを送る際に注意すべき点とは?

 - Macの設定やテクニック

こんな記事も読まれています


PREV
Macで使っているフォントの異常・バグを検証する方法
NEXT
【Mac】Mailで署名を作成して次回から簡単に入力する方法

  関連記事

Macでアプリやスクリーンショットのファイル拡張子を表示する方法

Macのデフォルトの設定では、アプリやスクリーンショットの拡張子が隠れています。 …

他人にMacを貸す前にする「ゲストアカウント」の設定方法

Macを自分の奥さんや子供、友達などに一時的に貸すときに「ゲストアカウント」とい …

Macでログインしたままユーザーアカウントの切り替えを簡単に行う方法

複数人で作業したり他人が自分のパソコンを使う場合、ユーザーアカウントを切り替える …

Macのコンピュータ名を変更/確認する方法

Macにあるコンピュター名とは、ネットワーク上で表示されるコンピュータの名前のこ …

Macで使っているフォントの異常・バグを検証する方法

Macで多くのフォントを使用・管理している場合、特定のフォントを使ったファイルが …

【Mac】Yosemiteでiphoto/Apertureが使えない時の対処法

Mac Book ProやiMacをYosemiteへアップグレードすると、ip …

MacのMailで添付する写真画像のサイズを縮小して送信する方法

MacのMailで写真や画像を送りたい場合、サイズが大きすぎることがあると思いま …

Macを一定時間使用してない時に自動ログアウトさせる方法

今回の記事では、Macを一定時間使っていない際に自動的にログアウトさせる方法をご …

Safariのツールバー・お気に入りバーを表示/非表示する方法

今回は、Safariブラウザのツールバー、お気に入りバー(ブックマークバー)を表 …

MacのMailでYahoo!メールと同期して利用する方法

Macのメールでは、通常ブラウザ上でやり取りするメールの送受信を行うことができま …