iPhone・Appleのデジモノブログ『やっぱ、Appleでしょ。』

『やっぱ、Appleでしょ。』はiPhone大好き男子による製品情報ブログです。時には好きなゲームや休日をお伝えすることも。

*

Macで画像やファイル選択時に便利な基本コマンドワザ【4選】

      2017/12/02


Macは効率化を計るために様々なコマンドが用意されています。

今回はMac操作の基本中の基本である「複数ファイルの選択方法【4選】」をご紹介します。

Sponsored Link

溜まったファイルを移動したり整理したりする際、的確に効率よく行うことでスムーズに事が進みます。

Macの場合はFinderの中での操作ですよね。
Finder内のファイルをDropboxやGoogleドライブなどのストレージサービスに移動しバックアップする際など、複数ファイルをスムーズに操作しましょう!

連続した範囲のファイルを一度に選択その①

まず基本の選択方法です。

これは「クリック&ドラッグ」によって範囲を選択する方法です。

アイコン表示の場合、上記画像のようにクリックした状態でカーソルを動かすとファイルは選択された状態になります。

連続した範囲のファイルを一度に選択その②

連続したファイルを選択する方法はもう一つあります。

「Shift&クリック」ですね。

画像のように、Shiftを押しながら選択したいファイルまでをクリックします。

一度に移動や削除したい場合は便利です。

指定のファイルを複数選択

意外と知らない人も多いでしょう。この方法は指定したファイルを複数選択することができます。

「Command&クリック」でファイルを指定することが可能です。


すべてのファイルを選択

そのフォルダ配下にあるすべてのファイルを選択できます。

「Command&Aキー」を押すと、すべてを選択することが可能です。

ファイルを一気に移動したい場合はこのコマンドを使用しましょう。

まとめ

基本中の基本ですが、Mac初心者にとっては分からなかったりするんですね。

やはりWindowsなどから乗り換えた人はMacの操作感覚に手こずる感じもあるので^^

必ず覚えておきたい操作法でした〜。

 - Macのマメ知識

こんな記事も読まれています


PREV
もう修理した?MacBook Pro15~17インチに不具合!
NEXT
iPhone6sのデザイン!コンセプト画像が掲載!

  関連記事

iPhotoの写真データの保存場所はどこ?

Mac AppのiPhotoですが、Finder上から写真データを取り出したい場 …

YouTubeで動画をリピート再生する方法【PC編】

これまでYouTubeではリピート再生(ループ再生)ができませんでしたが、この度 …

MacBook Proのバッテリー交換を自分でやってみた | 料金も安いし早いぞ!

筆者はMacBook Proを使用して5年が経ちますが、まだまだ現役バリバリで動 …

MacのSafariブラウザなどでウイルス警告画面が表示された時の対処法

MacのSafariブラウザなどを使っていると、突然「ウイルスが検出されました」 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA