Sponsored Link
Macでアプリやスクリーンショットのファイル拡張子を表示する方法

Macのデフォルトの設定では、アプリやスクリーンショットの拡張子が隠れています。

つまり「.app」や「.png」が付いてなくて、そのままファイル名のみ表示されています。

今回は、そんなアプリやスクリーンショットの拡張子をすべて表示させる方法を紹介します。

Sponsored Link

ファイルの拡張子をすべて表示させる方法

通常、ファイルの拡張子を表示させる必要はないのですが、画像ファイルの「.jpg」「.png」などをきちんと区別したい場合に表示させる必要があります。

Macのすべてのファイルを表示させるには、Finderの「環境設定」をクリックします。

そして「詳細」タブを選択して、「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックを入れます。

これで、すべてのファイルの拡張子が強制的に表示されるようになります。

通常は、下記画像のように拡張子が表示されないのですが・・

設定を変更すればこのようにアプリケーションにも「.app」と拡張子が表示されるようになります。


ファイルの拡張子を個別に表示する方法

ちなみに拡張子をファイル単体で表示させることもできます。

表示させたいファイルを選択して、右クリックで「情報を見る」をクリックします。

「情報」に名前と拡張子という項目があり、「拡張子を隠す」というオプションのチェックを外すと拡張子が表示されます。

これでファイル単体で拡張子を表示させることができます。

まとめ

すべてのファイルに拡張子を表示させたいという方は、Findreの環境設定で強制的に表示させるように設定を行ってください。

また、ファイル単体では個別に設定をしましょう。

以上、ファイル拡張子を表示する方法でした。