Sponsored Link
【iPhone】SIMフリー/SIMロックを見分ける方法

ここ近年では、MVNOユーザーが増えたこともあり、SIMフリー端末やSIMロックといった言葉をよく聞くようになりました。

もちろんiPhoneユーザーの中にも、キャリア契約ではなく格安SIMで運用している方もたくさんいます。やはりキャリア契約と格安SIMを月額料金だけで見比べると、圧倒的に格安SIMのほうが安いですからね。

前置きはさておき、今回はSIMフリーiPhoneとSIMロックiPhoneを見分ける方法を紹介します。

Sponsored Link

SIMフリー/SIMロックか見分ける方法

自分が使っているiPhoneがSIMフリーなのか・・、それともSIMロックなのか・・?

調べるには2つの方法があります。

販売国コードから判断する

一つは販売国コードから判断する方法です。

まず「設定」アプリから「一般」を開きます。

「情報」をタップします。

情報の中に、「モデル」という項目があります。

ここから、販売国を特定することができます。

この場合、末尾が「J/A」となっていますが、これは日本で発売されたことを示しています。(ちなみに「J」でも日本です)

販売国コードに関しては下記リンクをご覧ください。

販売国コード一覧

ちなみに末尾が「ZP」や「ZP/A」と表示されたら、SIMフリーが確定します。
香港版はSIMフリーしかありませんので、すべての端末がSIMフリーとなるんです。

ただし、海外版だからといってすべての端末がSIMフリーではありません。

そうなると、次の方法で判断します。


SIMカードを挿入して判断する

販売国が分かっても、SIMフリーかどうかは分からないことが多いです。

実際に、日本製のiPhoneでもSIMフリー/SIMロックを見極めるのは難しいです。
キャリアが販売するSIMロック版があったり、Appleが販売するSIMフリー版があったりしますからね。

そこでSIMカードを挿入して確認する方法を行います。

こちらの表示には「KDDI」いわゆるau版のiPhoneになります。

ここで、別のSIMカードを挿してみます。

同じようにキャリア名(ソフトバンクやdocomo)が表示されていれば、SIMフリーiPhoneになります。

逆に、別のSIMを挿して「WiFiネットワークを選択」という画面に移行すれば、対応していないということなので、SIMフリーiPhoneではないということです。

まとめ

iPhoneのSIMフリー/SIMロック端末を確認するには、別のキャリアのSIMカードを挿して確認します。

もしも手元に別のSIMカードがない場合は、知り合いや友達のSIMを借りて試してみてください。

関連記事>>>Etoren(イートレイン)での購入方法 | SIMフリースマホを海外で注文しよう!