Sponsored Link
iOS9でLINE通知が鳴らない/遅いという不具合の対処法

iOSの最新バージョンである「iOS9」では、多くの不具合やバグが報告されています。

その中でも目立っていたのが「LINEアプリが正常に動かない、通知が鳴らない」といった問題です。

今回は、iOS9でLINE通知が鳴らない、遅いといった不具合の対処法を紹介します。

Sponsored Link

iOS9の不具合は、iPhone6sシリーズ以外にもiPhone6シリーズ、iPhone5/5s、iPhone4sなどでも起こっています。

もちろん通知がこないといった問題は、以前から一部ユーザーから報告されていたのですが、iOS9のリリースによってさらに増えたと感じます。

LINE側の通知設定

まずLINE側の通知設定を見直してみましょう。

通知がオンになっていても、オンとオフを切り替えることで正常に戻ることがあります。

LINEアプリを起動させて「その他」から「設定」をタップします。

「通知」をタップします。

「通知」がオンになっていることを確認します。
オンになっている場合「オン・オフ」を切り替えてみてください。
これで正常に戻ることがあります。

iPhone側の設定

iPhoneの設定アプリにも同じように通知の設定があります。

念のためにこちらも確認してみましょう。

「設定」を起動して「通知」をタップします。

「LINE」をタップします。

こちらも同様にオンになっていることを確認して、オンとオフを切り替えてみます。

また、ポップアップで表示される「バナー」も、一旦「なし」に設定して、再度「バナー」をタップします。

LINEアプリを終了して再起動

LINEアプリとiPhoneの通知を確認したら、LINEアプリを終了させます。

ホームボタンを2回連続で押して、マルチタスク画面から上へスワイプさせて終了させてください。

そしてiPhoneを再起動させます。

これで通知機能が正常に戻ると思います。


LINEの通知が遅い場合

また、場合によってはLINEの通知が遅いことがあります。

いくつか考えられる原因があるのですが、キャッシュやメモリ不足の可能性が高いでしょう。

対処法としては、マルチタスクで起動しているアプリを全部終了させてください。

マルチタスク画面にアプリが大量に残っていると、iPhone自体の操作が遅くなったり、アプリが強制終了することがあります。

すべてのアプリを終了して、一旦再起動させてください。

これでiPhoneの動作が少なからず軽くなるでしょう。

まとめ

iOS9へのアップデートによってLINEの通知機能や動作がおかしくなることがあります。

上記の対処法でも改善しない場合は、LINEのアップデートを待つか、再インストールするなどして対処するしかないでしょう。