Sponsored Link
iphoneの画面の明るさを固定または自動調整する簡単な方法

今回はiPhoneの基本的な操作方法として画面の明るさを変更する方法をご説明していきます。

太陽の当たる場所で使用したり、就寝時の暗い場所で使用すると画面が明るすぎたり、暗すぎたりといったイレギュラーなことが起きますので即対応できるようにしておくと便利です。

Sponsored Link

画面の明るさを変更してみよう

まず画面の明るさを簡単に変更する方法から紹介。

ホームボタンのあるiPhone(iPhone8以前)の場合、画面下方向から上方向へスワイプさせます。

するとコントロールセンターが表示されますので、調整バーを左右に動かして明るさを調整します。

ホームボタンのないiPhone(iPhoneX/iPhone XS/iPhone XR)の場合は、画面上部の右上から下方向へスワイプさせます。

明るさの調整バーを上下に動かすことで明るさを変更することが可能となります。

ほら、超簡単だったでしょ!?

明るさを固定にしたり自動調節にしたり・・

次に、画面の明るさを固定・自動調節する方法です。

「設定」アプリから「画面表示と明るさ」をタップします。

「明るさの自動調節」をオフにすると、自ら設定した明るさを固定化することができます。逆に自動調節をオンにすると、周囲の状況に合わせて画面の明るさを自動的に調整することができます。

明るさの調整は基本的には自動でOKだと思います。iPhoneには環境光センサーが搭載していますので周囲の明るさを敏感に感知してくれます。

しかし暗い場所で完全に暗くしたい場合は自分で調整バーを下げて設定することもできるので、状況に合わせて設定しましょう。

ちなみに夜間に暗い場所で読書したりネットを見たりする場合、ブルーライトカットの設定をおすすめします。