Sponsored Link
【Mac】SafariブラウザのウェブページをPDFファイルへ変換/保存する方法

MacのSafariにはPDFビューアが搭載されているため、Safari上からウェブページを簡単にPDF化することができます。

何か理由があってWEBページをPDF化したい方は是非参考にしてみてください。

Sponsored Link

 WEBページのPDF化にはこんなメリットが

ウェブサイトの情報をファイル化したい人は少なからずいると思います。

例えば論文を作成するための資料や参考材料としてファイル化したい人は、いちいちそのページにアクセスすることなく、PCフォルダから即ページを閲覧したり加工、印刷したりすることができます。

ビジネスでのプレゼン資料の引用元が必要な人は、ウェブページをファイル化しておくことで、PCフォルダから素早くアクセスすることができます。

※引用する際は著作権に十分注意をしましょう。

私が思うウェブページのPDF化のメリットはこうです。

印刷が可能

PDF化したウェブサイトのファイルをそのまま印刷することができ、テキストデータはもちろんのこと、添付されている画像も一緒に印刷することが可能です。

PDF化することで画像データを1つ1つ単体でダウンロードする必要がなく、画像を含めてページの画面を丸々印刷できるのです。

オフラインで閲覧が可能に

ウェブサイトをPDF化して保存すると、ネット接続のない環境でもテキストや画像データを閲覧することができます。

ネット接続のない環境で資料を作成する場合には重宝するかと思います。

ウェブページをPDFファイルへ変換してみよう

※この方法は古いOSであるMac OS Xでの方法になります。OS X 10.9 Mavericks以降をお使いの方は「PDFとして書き出す」という項目が加わりましたので、2番目に説明している方法をお試しください。

まず保存したいページを表示した状態で、上部にある「ファイル」から「プリント」をクリックします。

プリンタのダイアログから詳細を表示させて左下の「PDF」をクリックします。その中に「PDFとして保存」があるのでクリックします。

保存先を選んで「保存」をクリックします。

これで PDF化は完了です。

↓最新の方法はこちらです。

OS X 10.9 Mavericks以降の方法

OS X 10.9 Mavericks以降をお使いの方はこちらの方法で試してみてください。

まず「ファイル」から「PDFとして書き出す」をクリックします。

保存先を選択して「保存」をクリックします。

OS X 10.9 Mavericks以降のMacはこれだけでPDF化が完了します。

ちなみに「プリント設定経由でPDF化する方法」と「PDFとして書き出す方法」では、PDF化した際の表示が少し異なるので、どちらの方が良いのか見比べて判断するのも良いと思いますよ。