Sponsored Link
【Mac】フォルダ(.dmg)にパスワードをかけて複数のデータをまとめて暗号化させる方法

Macで管理している重要なファイルは暗号化して保管しておきたいものです。

今回は、複数の重要なファイルがある場合に、dmg(ディスクイメージ)を使ってファイルをまとめて暗号化させる方法を紹介します。

Sponsored Link

複数のファイルをまとめて保管!ディスクイメージを作成しよう

MacPCでよく見る拡張子「.dmg」ですが、これは仮想ディスクイメージのことでインストーラーやバックアップ、ファイルの格納などに使われています。

.dmgをダブルクリックするとMac OSX上にマウントされ、アプリをインストールしたり、中身のファイルを取り出したりすることができます。

さて、今回はデータの保管場所として「.dmg(仮想ディスクイメージ)」を使い、これを暗号化してみたいと思います。

ディスクイメージ作成からパスワード設定まで

まず最初にデータを保管するディスクイメージを作成します。

「アプリケーション」から「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を開きます。

ディスクユーティリティを起動したら「新規イメージ」をクリックします。

好きな名前を入力します。

そして「暗号化」という項目の「128ビット AES暗号化(推奨)」を選択します。これを選択しないとパスワードをかけることができないので必ず選択しましょう。

その他の項目「場所」や「フォーマット」「イメージフォーマット」などはデフォルトのままでOKです。設定が終わったら右下の「作成」をクリックします。


次にパスワードを設定します。設定するパスワードは忘れないようにしましょう。(復元は不可です)

これで.dmgのディスクの完成です。

起動させるとパスワードを求められますので、設定したパスを入力して起動させましょう。

.dmgによる暗号化はMacのみ対応

拡張子「.dmg」を使ってのファイルの暗号化はMacのみの対応です。

Windowsはもちろんのこと、iOSデバイスやAndroidデバイスからでは起動させることができません。

.dmgの中身をMac間でのみ共有する場合は問題ありませんが、WindowsPCなどで他の人とデータのやり取りはできませんのでご注意ください。