Sponsored Link
iPhone4sとiPhone5、早急にアップデートすべきとAppleが発表

以前から言われていたGPS週数ロールオーバーの問題についてAppleは、iPhone4sや第3世代iPadなどの6機種にソフトウェアアップデートをするようウェブサイト上で発表をしました。

旧端末を使用している方は、問題が生じる前にアップデートを推奨します。

Sponsored Link

GPS週数ロールオーバーの影響を受ける端末一覧

iPhone4sなどの古い端末を中心に、GPS週数ロールオーバーの影響を受けることが分かっています。

※GPS週数ロールオーバーについてはこちらの記事が参考になります。

GPS週数ロールオーバーの影響を受ける機種はこちら。

  • iPhone4s
  • iPhone5
  • iPad mini(第1世代のWi-Fi+Cellularモデル)
  • iPad(第3世代のWi-Fi+Cellularモデル)
  • iPad(第4世代のWi-Fi+Cellularモデル)
  • iPad2(Wi-Fi+Cellularモデル、CDMAモデル)

iPhoneシリーズではiPhone4sとiPhone5、iPadシリーズでは第1世代のiPad mini、第3・第4世代のiPad、iPad2が対象です。

つまり2012年以前に発売されたモデルに影響があるようです。

11月3日午前9時までにアップデートしてくださいとAppleは伝えていますので、早急にアップデートをしましょう。


iPhone4sはiOS9.3.6、iPhone5はiOS10.3.4へアップデート

アップデート可能なiOSのバージョンはこちら。

iOS9.3.6

  • iPhone 4s
  • iPad mini(第1世代のWi-Fi+Cellularモデル)
  • iPad(第3世代のWi-Fi+Cellularモデル)
  • iPad2(Wi-Fi+Cellularモデル、CDMAモデル)

iOS10.3.4

  • iPhone 5
  • iPad(第4世代のWi-Fi+Cellularモデル)

iPhone4sの方はiOS9.3.6、iPhone5の方はiOS10.3.4が最新のiOSバージョンになります。

アップデート方法は「設定」アプリ→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から行います。

2019年11月3日までなので、まだの方は早急にアップデート作業を行いましょう。