Sponsored Link
iOS9ではWiFi接続回線が弱いと自動で3G/4Gに繋ぐ機能を搭載

近年、MVNOのモバイルネットワークを利用したユーザーが増えており、iPhoneでの通信を3G/4G以外に、別で契約した回線をWiFi経由で利用している人が多いです。

そのためWiFi利用が多くなっており、街中でWiFiスポットの電波をキャッチしてしまったり、電波が弱くてもそのWiFiに繋がりっぱなしになってたりと、何かと不便なことがある。

中でも通信が弱いWiFiに繋がりっぱなしになると、全く通信できない状態が続くこともあります。

iOS9では、そうした問題が解決されているようです。

Sponsored Link

iOS9では自動で3G/4G接続が可能に

ネットメディアであるapple insiderによりますと、最新のiOS9ベータ版では「Wi-Fi Assist」という項目が新たに追加されていると伝えており、「WiFi接続が弱くなった際に自動的にセルラー通信を利用する」と記されているという。

今回の情報、あくまでベータ版のiOS9なので秋にリリース予定の正式なiOS9に搭載されるかどうかは分かりません。しかし将来的には弱い電波のWiFiを接続し続けてしまうといった問題は解決するようです。

もしこれが正式に搭載すると、街中で通信できないWiFiに接続させないために、わざわざ自宅を出る際に「WiFiをオフにする」という操作は不要になりそうです。

日本はWiFiスポットが少ないが活躍するでしょう

海外ではWiFiスポットが非常に多く、それが当たり前になっているんですが
日本でも少しづつWiFiが普及しつつあります。

大手コンビニチェーンややスターバックス等のコーヒーチェーンなど、そのお店の前を通ると通信できなくてもWiFiに繋がってしまい、電波が悪くても接続をし続けます。

こういった街中でのWiFi通信において日本でも不便なことが多々ありますね。

さらに近年ではモバイルWiFiルーターを利用するユーザーが増えており、WiFiの電波の干渉による不安定な接続になる問題もあります。

今回のiOS9の新機能が、電波の自動切り替えだけじゃなく干渉度合いまで接続を切り替えてくれる機能であれば大変便利なものになるでしょう。

参照元:apple insider