iPhone・Appleのデジモノブログ『やっぱ、Appleでしょ。』

『やっぱ、Appleでしょ。』はiPhone大好き男子による製品情報ブログです。時には好きなゲームや休日をお伝えすることも。

*

【Mac】Yosemiteでiphoto/Apertureが使えない時の対処法

      2017/12/02


Mac Book ProやiMacをYosemiteへアップグレードすると、iphotoとApertureが使えなくなります。

私もアップグレードした際は、「あれ、使えなくなってる・・」と少しショックを受けていました。

しかし、ある方法を行えばiphotoとApertureが復活します。

今回は、OS X YosemiteでiphotoとApertureを使う方法を紹介します。

Sponsored Link

iphoto/Apertureが起動しない、使えなくなってる・・

OS X Yosemiteへアップグレードした後に、iphotoとApertureを見てみるとこのようにいつもとは違うアイコンになっています。

起動させてみると、このような表示が出てきます。

私も正直びっくりしましたね。「あれ、これまでの写真はどうなるの?ってね。

App Storeで検索してみてももちろん「アイテムを利用できません」と表示されます。


iphoto/Apertureを使えるようにする方法

iphotoとApertureを復活させて使うには、iphotoとApertureをアンインストールしてインストールするだけです。

はい、これだけで復活します^^

アンインストールはiphotoとApertureをゴミ箱へ移動させて、ゴミ箱からも空にさせます。この時、LaunchpadやDockには残っているのでこちらも削除します。

Macからアンインストール(消去)したら、再度MacのApp Storeからインストールします。

購入済みリストを見るとありますね。(サインインが必要)

iphotoの開発は終了。今後はPhotos(写真)へ

Photos for OS X(写真アプリ)のリリースにより、ApertureとiPhotoのサービスは終了しました。iPhotoヘビーユーザーにとっては残念な話です・・。

しかしながらiPhotoのほうが使いやすいという方は、上記の方法でiPhotoをインストールし直してお使いいただければと思います。

 - Macの設定やテクニック

こんな記事も読まれています


PREV
iPhone本体が熱くなる原因と対処方法!
NEXT
iPhotoの写真データの保存場所はどこ?

  関連記事

Macのコンピュータ名を変更/確認する方法

Macにあるコンピュター名とは、ネットワーク上で表示されるコンピュータの名前のこ …

Macのキャプチャ機能で画面の一部をスクリーンショット撮影する方法

Mac OSでは、画面のキャプチャ機能を使ってスクリーンショットを撮ることができ …

【Mac】Mailでメール本文に書かれている住所を素早く地図で確認する方法

Macのメールでは、記載された住所をいち早く確認する機能があります。 この機能を …

【Mac】解凍済み圧縮ファイルを自動でゴミ箱に移動する方法

Macでは、ファイルを解凍すると元々の圧縮ファイルがそのまま残ります。 元の圧縮 …

Macで時報を音声通知させて時間を管理しよう

MacPCに限ったことではありませんが、パソコンで仕事や作業をしていると時間を忘 …

Macのマウスカーソルのサイズを拡大して大きく見せる方法

Mac OS X Yosemiteの標準のマウスカーソルが小さいと感じる方は、マ …

Macで英単語の読み方や発音が分からない時に簡単に読み上げさせる方法

「この単語、この文章ってどのように発音するのだろう・・」 Macで読み方や発音の …

【Mac】Mailで署名を作成して次回から簡単に入力する方法

MacのMailを作成する際に、署名を作成しておくことで次回から作成した署名を選 …

MacでCD/DVD/USB(リムーバブルメディア)ディスクを取り出す方法

Macでは、CDやDVDなどの光学ディスクを入れて音楽を聴いたり映画などのDVD …

Macでログインしたままユーザーアカウントの切り替えを簡単に行う方法

複数人で作業したり他人が自分のパソコンを使う場合、ユーザーアカウントを切り替える …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA