Sponsored Link


Ryzen 9 5900Xで組む自作PC!CPU選びと自作PCのテーマについて

前回の記事の続きで、今回パソコンを新たに組むことにしました。

PCを自作するにあたって、2020年頃から自作パーツをコツコツと集めていました。

すでにPCは組み終わっているのですが、完成までのパーツ選びや考え方などを書き留めておこうと思い、記事にしています。(多分シリーズ化するかも?)

この記事ではまず、CPU選びと自作するパソコンのコンセプトについて書いていきます。

Sponsored Link

これまでのメインPCはiMac

これまで私が使用してきたPCは自宅ではiMac、外出先ではMacbook Proでした。

PC環境としてはそれなりに快適でしたが、テレワークの影響で作業することが多くなり、動作も重くなりつつありました。

具体的には、動画編集したり、MT4を起動させながら作業したり、動画を見たり、ゲームをしたり・・。それなりに負荷のかかる動作が多くなっていました。

しかもMacだと対応してないアプリがあったり、ゲームができない、MT4が快適ではないなど・・、不満もいくつかありました。

「不満なく、自由で快適なPCライフを送りたい!」と思い、自作PCを組むことにしたわけです。

自作PCのテーマは「白」

今回私が組むPCのテーマは「白」です。

いわゆる、白を基調としたカッコいいPCです。

白系のPCパーツは限りがありますが、今回は主にコルセアで揃えました。

あとは、動画編集など負荷のかかる作業が多いので、スペックもそれなりに高く設定し、LEDで光らせる・・、若干パリピ的なノリで構築することを目標にしました。(笑)

また、キーボードやマウスも新調、これらも全て白で統一します。


CPUはRyzen 9 5900X

CPUはRyzen 9 5900Xを選びました。

2020年11月に発売されたわけですが、発売日当日にゲットしました。

Ryzen 9 5900Xと同時に発売されたRyzen 7 5800Xと悩みましたが、「どうせ買うならスペックの高い方が良いだろ!」っということで、購入しました。

購入以前の話をすると、やはりCPU選びの中の選択肢としてIntelが入ってきます。しかしIntelは熱暴走が酷いことが個人的に印象的で、「長時間、長期間使うにはどうなの?」という疑問が残っていました。

それに比べてZen3シリーズはスペックが高く、信頼度や評価が非常に高いようなので、思い切って「Ryzenいくか!」ということになりました。

安定のインテルとも言われてきましたが、AMDもZen3シリーズの登場でCPU市場も変わったなという印象です。

まあ、この辺りは好みですね。正直どちらを選んでも困ることはないでしょう。私自身はRyzenを選んだというだけのことです。

ちなみにRyzen 9 5900Xは品薄状態が続いています。値段が吊り上がっている時期が長かったですが、今はどうでしょうかね。

AMD Ryzen 9 5950X without cooler 3.4GHz 16コア / 32スレッド 72MB 105W【国内正規代理店品】 100-100000059WOF
AMD

今回は以上です。ひとまず、自作PCのテーマとCPUについてでした。

次回の記事では、PCケースとマザーボード選びについて書いていこうと思います。


Sponsored Link