Sponsored Link
iPhoneで電卓アプリを使わないで計算する簡単な方法

iPhoneにデフォルトで備わっている電卓アプリですが、実は電卓アプリを使わなくても簡単に計算できる方法があります。

今回は電卓アプリを開かずに計算する方法を紹介していきます。

Sponsored Link

iPhoneで電卓を使うには電卓アプリのアイコンを選んで起動するか、コントロールセンターから起動する方法の2つがあります。

どちらも比較的素早く簡単に使うことができるのですが、実は他の方法もあります。

Spotlight検索から計算

Spotlight検索に計算式を入力すると、計算式を見ながら入力することができます。

方法はSpotlight検索入力に計算式を入れるだけです。

iPhoneトップ画面から下へスワイプするとSpotlight検索の入力画面になります。

この入力方法、「+・×・÷」の入力が面倒くさいように見えますが、真ん中の5を長押しするか上下左右にスワイプするだけで記号を入力することができるので意外と簡単です。

おまけに方法は計算式も見ることができるので入力ミスにも対応することが可能です。

Siriに音声入力して計算

簡単な計算だったらSiriが一番便利な時があります。

ホームボタンを長押ししてSiriを起動し、計算式を伝えます。

最近はSiriの精度も向上しているので音声認識ミスも少ないはず。

ただし、長く複雑な計算式には向いていないのでご注意を。

もちろんこの方法でも計算式を見ることができます。


補足:電卓アプリを横にすると多機能電卓に

電卓アプリを横向きにすると多機能な電卓が表示されます。

三角関数や四則演算など、複雑な計算式を入力する際に利用できます。

最後に

iPhoneの電卓機能は電卓アプリはもちろんのこと、Spotlight検索やSiriでも計算することができます。

自分が使ってみて一番使いやすい方法をトライしてみてくださいね。

関連記事>>>【iOS11】iPad/iPhoneの画面録画方法と音声の使い方 | もうアプリは不要です