Sponsored Link
Apple Watchのバッテリー寿命は約2年半らしい

Neowinは現地時間25日に、Apple Watchのバッテリー寿命が約2年半程度になると公式に明らかにされたと伝えています。

Sponsored Link

情報によれば、Apple Watchに内蔵のバッテリーは最大1000回までの充電と、寿命寸前のバッテリーにおいても元のバッテリー性能の80%を維持し続けることができると、アップルによって明言されたという。

1000回までの充電が可能というのはどういうことだろうか。

仮に1日1回充電するとしよう。
1000回が最大ですので、「2.74年」という数字が出てくる。

毎回、放電状態から100%まで充電するとは限りませんが、約2年半のバッテリー寿命だということが分かる。

ちなみにアップルでは、保証期間内であれば無償でバッテリー交換に応じてくれるが、保証期間を過ぎると1回の交換に80ドル(9500円)かかるとされている。

バッテリー寿命はユーザーの使用頻度によって異なりますが、ほぼ毎日使用するのであれば3年以内にはバッテリー交換を行う必要が出てきそうですね。
まあ、3年以内に新型Apple Watchが登場するかもしれませんが^^;

やはりスマートウォッチは通常の腕時計と違って維持費がかかることを計算の上、使用して頂きたい。